2013年09月30日

「収穫祭」プログラムの訂正について

11月2日3日の前夜祭、収穫祭に関して訂正をします。特に参加される方はぜひ目を通してください。

ハッピーヒルコンクール・収穫祭プログラム

日時:

11月2日(土) 前夜祭
11月3日(日) 収穫祭

場所:島根県大田市温泉津町井田 ロ−22 (旧大場邸とその周辺の田んぼ・竹林等)
   

プログラム:

11月2日(土)午後6時〜

バンブードームにて前夜祭コンサート

RICO神島による 歌のコンサート(夕食前)
江藤健一のギター演奏(夕食後)


11月3日(日)午前10時半〜

旧大場邸蔵内にて映画上映

@下釜久美監督作品「blue daisy」(31分)
                         
      
A福島原発事故被災者関連ビデオ(35分)

B三上智恵監督の映画「標的の村」予告編 (2分)

CNHK「あの人に会いたいー福岡正信」(10分)you tubeより


午後2時〜 田んぼにて収穫祭

@ハッピーヒルコンクールの結果発表と授賞式 

ハッピーヒルコンクール主催者 石田以和夫

        
Aコンクールにむけてのあいさつ

福岡自然農園代表・福岡大樹さん(愛媛県伊予市)

B「収穫の祝いと感謝の歌」

「種と光芒」他 歌 RICO神島

C 福岡正信さんとハッピーヒル   お話  矢島三枝子
      

その後、歓談と食事会


注)

今回、福岡正信作詞、RICO神島作曲の歌 「種と光芒」を初公開

福岡大樹さん:自然農法の創始者として知られる福岡正信さん(1913〜2008)の孫。愛媛県伊予市にて福岡自然農園を継ぐ。

RICO神島さん:最晩年の福岡正信さんにその声を見出され絶賛された歌手。

矢島三枝子さん:90年代より福岡正信さんと国内外で行動を共にされた通訳兼翻訳者。

食事:2日午後7時より、3日昼12時より食事ができるように、準備予定。
     
連絡先:090−7893−2175   daiki8822@yahoo.co.jp

以上です。具体的な参加条件や宿泊に関しては以下のページへ
http://happyhillcontest.seesaa.net/archives/201308-1.html

収穫祭参加に関しては、以下のような簡単な配布用のチラシも作りました。しかし、このチラシは福岡正信氏に関して何も知らない人のためのチラシです。残念ながら、当地において農業に長く携わっている人でさえ、福岡さんの名前を知っている人に出会ったことがありません。食に関心がある人、社会に関心がある人のほうが、かえって知っている可能性が高いです。しかし、それでも百人に一人いるかなあ、、と想像してしまうほどです。これほど偉大な方がどうして?と思いますが、いえいえ、これからではないかと思っています。その第一歩を進めるためのチラシとも言えます。もちろん、この地ばかりでなく、このブログを通して全国の未だに福岡正信という名前を知らない人に送るチラシなので、もし、あなたがそういう人を知っていれば、ぜひこのチラシ内容を見せてください。

また、一方でこの収穫祭はスポンサーはいませんが、(もし、いるとすれば、主催者のお米提供のお米スポンサー!)無料です。ただし、それぞれがそれぞれの立場で、何かを提供することで成り立ちます。収穫祭を立ち上げた頃に、一人500円とか1000円とか払ってもらおうかという提案があったり、先日もおにぎり三個100円とかにすれば云々のメールを頂きました。お金のことだけ考えれば、いろいろな方法があるでしょうけど、主催者の私としては、多少の金銭的損失があっても、それに代わるものが、この収穫祭の別の収穫なのです。

つまりお金に代わるものが、人々の協力姿勢や人に対する思いやりであってほしい。それが実現の核になってほしい。そこに欠けているものがあれば、誰かでなく気づいたその人がそれを埋める。これだけ払ったからこれだけのものがもらえるという、現実社会にある損得勘定でなく、持ち寄ることで生まれる共通共有の幸せ。現実社会があまりに金に依存しすぎていること対する、ちょっとした抵抗です。

無論、お金を払って何かを買ってきて、それを提供するという形の場合もありますが、我々を囲む世界がそういう世界ですから、いたし方ありません。が、もし、誰もが何かを作っていれば不可能ではありません。もちろんこの場でそういう究極をやりたいわけではありませんが、たぶんそういう社会のほうが健全でしょう。それはまた、福岡さんの皆農の考えと遠くないと思います。まあ、とにかく少なくともこの場では、金銭の介在しない時空間を実現したいと思います。

今のところ、参加人数は 県外5組10人、県内8組(スタッフ込み、家族込みで)15人

すでに申し出のあった品物、届いたもの、その他は

ジャム、コーヒー豆、紅茶、海苔、餃子、ポポー苗木、整体とヨガ、占い、映画提供、コンサートの費用、準備に関する様々な労力、

この中には複数提供もあり、参加申し込みだけで、まだ提供するものが決まっていない人がほとんどです。これからさらに参加が増えることを期待しています。また、これから随時提供品をブログに書き込むので、足らないと思うものを自ら提供してください。ただし、無農薬ハッピーヒルはお腹いっぱい食べていただきます。

前回のお知らせの一部訂正箇所

「コメはたっぷりありますが、もし、その他の食料が足らない場合は少々の援助を頂く場合もあるかもしれませんので、ご了承ください。」
訂正:米はタップリありますが、他の食料が足らなくてもそのまま続行します。買いに行くとしてもお店がない田舎ですし、あるもので満足しましょう。今のところですと、「ハッピーヒルに海苔を乗せて頂きながら、餃子を食べ、食後にはジャムを舐めながらコーヒーか紅茶を頂く」というメミューです。メニューの変化はあなた次第です!

もし仮に大人数になったら、駐車場の広さも限られ、鍋の大きさ(昔の直径80センチくらいの大きな鉄鍋ですが!)も限られているので、そこのところは何とかみんなで補いましょう。工夫と優しさですべては解決されると信じて。しかし、主催する側として精一杯の努力と準備は惜しみません。

また、あと一ヶ月ほどですが、会場の一部であるバンブードームや外のかまど等を製作中です。もし、近場で時間のある人は見学手伝い歓迎します。何曜日何時でもかまいません。来る前に電話を。090−7893−2175

以下、チラシ内容

収穫祭

内容
  
◎自由参加の収穫祭(演奏、映画、話、食事あり)
◎ハッピーヒルコンクール(バケツ稲栽培競争)授賞式

参加条件

◎人類(ペット同伴可)

◎携行品(この中の一つ以上を持参)

自作の農作物 、肉魚類 、酒類 、創作物(芸術でも料理でも)、その他身を粉にして(笑)作ったもの、 何にもない人はお金(食物類は自作のものが望ましいですが、買われてきてもかまいません)

絶対条件 ◎協力姿勢と優しさ 

主催者より:自然農法の創始者、福岡正信氏が作った無農薬米ハッピーヒル(ハッピー=福、ヒル=岡。おか(陸)に福あり)をたっぷり用意した収穫祭です。全員協力参加、招く招かれる立場です。歌、演奏、お話、映画等ありの楽しい収穫祭です。気に入ったら、ぜひおいでください。

福岡正信(1913年 - 2008年)さんのこと:先日引退した宮崎駿さんが「自分の最も尊敬するひと」と賞賛し、ジョンレノンとオノヨーコも愛媛の福岡さんを訪ねました。日本ではあまり知られていませんが、地球の緑化と無の哲学者として世界的に有名な方です。福岡さんのお米を食べながら、みんなで楽しい時間を過ごしましょう。
posted by 種まく旅人 at 15:11| Comment(3) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

福岡正信さんのビデオ 4

約5分後に日本語の解説があります。
posted by 種まく旅人 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡正信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

参加者 からの報告 27

協力農家熊野さん
P9260048.JPG


生長見守りびと:この稲はすでに稲刈りの時期に突入してますが、同じ種なのにどうして熊野さんの苗だけが、こういう早すぎる生長をしたのか、わかりません。こうしてそれぞれ違う土、違う場所、違う人に育ててもらうと、意外なほど違いが生まれるというのは今回の発見であり、収穫です。
posted by 種まく旅人 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

参加者からの報告 26

長野県江藤さんからの報告です。

お元気ですか、長野はもう大分冷え込むようになってきました。

実は、先日ハッピーヒルコンテストの中間報告をした正にその日に、バイクで転倒して鎖骨二箇所を骨折してしまいまして、一人暮らしでは生活出来ず、翌日に畑はもう現状のまま放置し、静養のため実家にバスで帰省しました。

そして、数日前にやっと長野に戻って来たところです!

で、気になる稲や畑の野菜たちなのですが…
すっかり荒れ地と化してました(泣)ヽ(´o`;

バケツ稲だけでも持って行けたら良かったのですが、着替えも満足に出来ずにいたので泣く泣く置いて行ったら、穂はおろか、葉っぱが黄色くなってしまい、元気がありません…(>_<)

非常に悔やまれます。。。やはり栄養が足らないのかもしれません。
e1.jpg


成長見守り人:災難ではありますが、命を奪われなくてよかったです。どうすれば、事故を避けられたかを反省したら、将来の大事故は避けられますから、たぶんそのための事故だったでしょう。
江藤さんに比べれば小さいことですが、僕は今日、台所で失敗しました。中華鍋ひっくり返して、料理台無し。中華鍋って、取っ手が重いんですよね。調理する量によっては、取っ手側にひっくり返る!これからは、取っては安全な位置に置く!大きな反省点でした。
畑や田んぼに行けなかった無念さ、よくわかります。でも、行かなかったから見えるものもあるかもしれません。
一本残った苗はまだ青いじゃないですか。諦めずに、育ててください。植物って、放っておいたらダメになるというのもあるし、放っておいても育ってくれるというのもあります。
posted by 種まく旅人 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

参加者からの報告 25

島根雲南市の神庭さんより

秋分の日
種蒔きしてから105日目
三つのうちまだペール缶の一つですは穂が七つ、外二つも穂が三つ四つ。このまま順調に育って欲しいです!
荒田のハッピーヒルも穂が三つ四つ出ています!本日、網囲いをしました。
k1.jpg


岐阜の上田さんより

とうとう私のバケツ稲にも穂が付きました。。
穂が出てくる所を見るのは初めてでこんな風に付くのかと、じっと見つめてしまいます。
あと2週間前くらいから落花生に黄色い花が咲いています。落花生って個性的な植物ですね。
う1.jpg


福岡のみつはしさんより

稲の花が咲き、日々ふくよかに育っている稲穂を見ると
感謝と自分の底辺からの感動がじわ〜っと感じられます。
植物の成長は本当に感動と感謝をくれますね。ありがたいです。
わからないながらも、ネット等などを見ながら引き続き見守っていきたいと思います。
ご縁に感謝★みつはし
P.S.一番最後の写真は、去年に子供が理科で育てて収穫したコットンの種をまいて育てました。
m1.jpg

m2.jpg

m5.jpg

m5 2.jpg


成長見守りびと(管理人):みなさん、穂が出て来たようで私としてもうれしいです。いろいろな作物があるんですが、どうしてだか稲の穂って、不思議な魅力があります。それを感じてもらえただけでも、今回のコンクールをしてよかったと思います。稲も受粉しますので、穂が出たらあまり触らないようにしてください。田んぼでも花が咲く時期には、田んぼに入るなとよく言われます。こうして穂が出るまで成長させることができたら、いざという時には「自分でコメを作る自信」が多少なりともできたんじゃないでしょうか。稲以外の植物の栽培もこれからきっと役立ちます。自分で作って食べる、あるいは使うをできるだけ経験した人間がサバイバル時代には意気揚々となるはずです。(笑)
posted by 種まく旅人 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

実際の収量

7月31日に紹介した「福岡正信さんのビデオ 2 自然農法60年の歩み「粘土団子世界の旅」
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/370719649.html  の中で、「一粒(一苗)で50株になり、一穂250粒として10000粒(正確には12500粒)になる」という話があります。

他方「わら一本の革命」の45ページには以下のように書いてあります。

「今年よく出来た田は、一平方メートル当たり十粒撒きで、一株が二十本になり、一穂平均粒数が二百五十粒で玄米総重量が(一反=約1000平方m)なんと1トン(1000kg)になっています。これは自然農法向きの多収品種をつかったからです。」

実際に昨年今年と作ってみると、どうも20株のほうが正しいと思います。ですから、20×250粒=5000粒。一粒が5000粒(倍)になるということです。

万倍にはならないにしても、この増え方は異常なほどの多さで、コシヒカリとか一般的な種籾ならば、だいたい500キロから600キロ収穫できればいいほうなので、倍近い収量をあげることができるわけです。

農家の人にこの違いを話すとみなさんびっくりされます。今年、協力参加してもらっている今田さんはバケツだけでなく、一枚の田んぼにも無農薬ハッピーヒルを育てていますが、その田んぼの成長は素晴らしく、たぶんこの言葉通りの結果が得られると思います。私の田んぼは四枚のうちの一枚だけは理想に近づきそうですが、他は肥料不足で理想の半分くらいだと思います。肥料の問題は来年の課題です。

皆さんのバケツ栽培ではどのくらいになるかといえば、たぶん4〜5本が平均的なところではないかと思います。バケツで20本も可能ですが、よほどいい条件が揃ったときでしょう。みなさんの報告待っています。
posted by 種まく旅人 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡正信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

参加者からの報告 24

推薦参加農家ー重富さん
P9130125.JPG

推薦参加農家ー河村さん
P9150153.JPG

推薦参加農家ー小玉さん
P9150163.JPG

協力参加店ーココットさん
P9170178.JPG

参加ー長久石油ー飯塚佐々木組
P9170172.JPG

参加ー琶菜ちゃん
P9170193.JPG

参加ー桃果ちゃん
P9170194.JPG

参加ー愛花ちゃん
P9170195.JPG

参加ー唯ちゃん
P9170196.JPG


推薦参加では重富さんが19株で断トツです。ココットさんも20株くらいありました。
参加者の飯塚佐々木組ー長久石油は株数は50株は超えていると思いますが、穂は全く出ていません。実質的に面倒をみている農業試験場の人も原因がわからないと言われました。これから鶏糞をやればどうかなあということでした。広島四人娘はほとんど変わらない成長ですが、琶菜ちゃんが四つくらいの穂が出ていて一歩リードでしょうか。

参加者のみなさんの報告を待っています。

posted by 種まく旅人 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

収穫祭に映画予告編追加

収穫祭の際に、蔵の中で行う上映会に三上智恵監督の映画「標的の村」予告編を追加することになりました。
詳細は追って連絡します。
posted by 種まく旅人 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

参加者からの報告 23

島根県雲南市の神庭さんからの報告です。

9月12日穂がでました!
種蒔きしてから95日目
三つのうちまだペール缶の一つですが(^^;
どれもすくすく育ってるとおもいます。しばらく前から水やりは行わず天の恵み任せにしてます。
PicsArt_1378978836821.jpg

成長見守り人:米は八十八と書いて、約三ヶ月と思ってましたが、意外と長いですね。そういえば、5月末に田植えしたものがまだ稲刈りしてませんものね。意外と遅い成長です。稲刈りまでに四ヶ月はかかりますね。コンクール参加者で一番遅い人でも、こちらの収穫祭時期ー11月初めなるかな。
posted by 種まく旅人 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

収穫祭準備ーバンブードーム

8日の日曜日、バンブードームの準備に入りました。お寺の住職にして井田地区消防隊員の今田さんが、レンジャー部隊さながらの竹に上り、しがみついて、しならせるという命がけの仕事をしました。
P9080001.JPG
 
P9080004.JPG

P9080006.JPG

P9080007.JPG

P9080012.JPG

P9080014.JPG

P9080016.JPG

P9080019.JPG

下で見ていて、気持ち良さそうな作業だなあと羨ましく思ったのですが、降りて来た今田さんの話では、竹が折れないかととても恐怖を感じたそうです。竹の強度はわからないし、どこかで腐っていたり、弱い部分もあるかもしれないし、背中から落下したら、、、、。いやあ、勇気ある作業でした。

その後は、試行錯誤して安全な方法に変えました。豊富にある竹は時に邪魔なものですが、竹の多様性を知ると段々と竹との関わりが面白くなります。

posted by 種まく旅人 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

参加者からの報告 22

福岡県の下釜さんからの報告です。

こちらはちょっと興奮中です。
ついに、穂が出てるっっ!!!!!

う、美しいものですね・・・・・(涙

いの一番で出穂したのはなぜか、
ほとんど放置状態のミニたんぼ、雑魚植えの方の苗なんですよ。
ケースがあまりに重いので移動不能になっていて、
台風のとき避難も雨風よけも、してなかったのに。
密集ぎみに植えてしまっていたし、全く期待もしてなかったんだけど。
土はバケツと同じですが、腐葉土の割合多めだったかも。

避難&鳥猫よけネットま で張り、過保護に育てている?バケツの方には、
なぜかまだ穂はみえてません。。

ハッピーヒルの性格でしょうか(笑
130910_0737%7E01.jpg

130910_0735%7E01.jpg

130910_0741%7E01.jpg

130910_0759%7E01.jpg


管理人:おめでとうございます。僕自身もバケツ稲やっていますが、どのバケツもまだ出ません。九州は暖かいせいでしょうか。同じ時期に植えても、穂が出る時期が異なるのは田んぼでもありますが、何故でしょうね。長久石油も成長は早いし株別れもすごいのに穂が出ていません。気まぐれ?いや、自然は人間のように気まぐれなんてなさそうなので、何か理由があるんでしょう。
posted by 種まく旅人 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

参加者からの報告 21

今回のコンクールに協力して頂き、収穫祭には田んぼや竹林も提供して頂く福城寺の今田さんの稲です。水の入っている方はこの通りですが、、(ほぼ一ヶ月前の写真なので、今はもっと成長しています)
P8130249.JPG


陸稲にしたほうは、成長がありません。陸稲も可能なはずですが、何が悪かったのか、、、
P8130253.JPG


ココットさんの稲は大分大きくなり,穂もでました。
P9050016.JPG

P9050019.JPG


長久石油のものは、一体どれくらい分蘖(ぶんけつ)しているかわかりません。しかし、まだ穂は出ていません。
P9050063.JPG

posted by 種まく旅人 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

参加者からの報告 20

福岡県糸島市の下釜さんからの報告ー数日前に

福岡は嵐の前の静けさ。

なにやら台風が福岡直撃らしいので、今のうちにと
バケツ稲はせめてデッキの軒下へと避難させました。
デッキには一応屋根があるのだけど、
台風ではあんまり関係ないよなぁと思いつつ・・・。

次男に手伝ってもらって鳥よけネットも張っていたんですが
どう考えても吹き飛ばされそうなんで泣く泣くはずしました。

おかげで猫がしめしめと絶賛攻撃中です(涙
あんまり雨風ひどいようなら、玄関に入れた方がいいのでしょうかね。。。
(放置どころか、過保護の馬鹿親)
下釜.jpg

管理人:雨、風には気をつけて、、と言っても、ハッピーヒルは強いですが、本格的に台風にも強い茎になるのは、下釜さんのはあと半月はかかるかなあ。この何度も襲いかかる雨風で、この井田のコシヒカリはほとんど全滅です。倒れなかった稲も、昨日から断続的(本当に休憩なしです)に降る雨で、完璧なノックダウンにあっていると思われます。ハッピーヒル?ぜんぜん大丈夫!異常気象にも対応する頑健頑固頑張り稲ハッピーヒル。福岡正信氏を彷彿とさせます。
posted by 種まく旅人 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする