2013年11月19日

収穫祭を終わって 1

収穫祭が終わってもう二週間も経ちます。
下釜さんのビデオで様子が伝えられたのでちょっと安心しているところがありますが、実はいまだに頭の中には収穫祭があって、たびたび反芻しています。

僕が挨拶で話した内容の中に、こういう言葉がありました。

「ハッピーヒルコンクールは採算が合わない」という1人の地元民の反論に対して、私の採算は明日明後日のお金ではなく数年、数十年、数百年後にどこで買い物しても安心して何でも買える世の中になったときに、それが私にとっての採算があったときである。

とても遠大なものだけれど、実際そういう時代になってほしい。そういう時代に戻してほしいと思う。子供は親が差し出す食物を何の疑いもなく食べるが、親はそれが食べるに値する物かどうか計る術がない。本来ならば、親が長年食べて安心できると思う物を与える。しかし、今の食品はそうではない。突然新製品が出て来る。新たな化学物質が出て来る。知らない土地のものが店に並ぶ。国やお店は安全だと烙印を押して、国民を安心させる。親は実体験がないまま子供に与える。そこに落とし穴が待っている。しかも時に害は時間を経てから出るので、何が原因かもわからない。親が知らない物を子供に与えるのは賭けみたいなものだ。

最低の世の中だと思う。自然が与えるものは選択を誤らなければ、害になることはない。しかし、人間がいじりすぎて今の世の中の食物は選択ができない、選択しても安全かどうかわからない。人間社会を出て、自然の中で生活する方がよほど安全ではないかとさえ思う。自然の中の熊より、人間の中の見えない熊のほうが恐ろしい。

人間が混ぜ繰り返して砂漠化していくこの自然界も、もし、仮に安全な食物が溢れるような時代になった時には、きっと自然も輝きを取り戻しているはずだ。

今回、参加した皆さんの中には専業農家はほとんどいない。それより普通の主婦やサラリーマン。主婦は男より食べ物に敏感だ。子供の守るためでもある。ここからまた社会の変化も生まれてくるように思う。こういう普通の主婦の動きに、農家の方や食品会社の方は注意を向けてほしいと思う。そして、こういう主婦がどんどん増えてほしい。

実はこのバンブードームはうつ伏せの女性の形を模したものだ。手前のふくらみからお尻、肩、頭だ。食べ物を嘆く女、あるいは食品提供者にギブアップを強いる女!  女性の立ち上がりがこれからの時代を切り開くかもしれない。
PA150009.JPG

posted by 種まく旅人 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

田の付く名字



田の付く名字を多い順に集めてみました。

4位    田中

11位   吉田 

12位   山田

24位   池田

29位   前田

30位   藤田

33位   岡田

44位   福田

45位   太田

48位   松田

51位   原田

54位   田村

57位   和田(2人ー収穫祭参加、音響設備関係。ありがとうございました。)

59位   石田(1人ー主催者側。ご苦労様でした。)
60位   上田(1人ーコンクール参加。一等賞!)

61位   森田

63位   柴田

69位   内田

76位   高田

78位   武田

79位   村田

82位   増田
104位    島田
110位   西田
115位   安田
117位   浜田
118位   中田
120位   平田
122位   飯田
123位   本田
124位   久保田
129位   岩田
136位   田口
153位   野田
157位   黒田
161位   永田
165位   田辺
174位   横田
177位   鎌田
178位   沢田
180位   成田
181位   小田
182位   宮田
205位  奥田
206位  富田
221位  寺田
232位  竹田
239位  坂田
241位  豊田
245位  角田
252位  植田
253位  神田
254位  田島
265位  長田
284位  田代(収穫祭手伝い。ありがとう。元気かなあ)
292位  戸田
300位  米田
302位  津田(前夜祭参加旧姓。現常松。餃子ありがとう。うまかった!)
307  米田
313  金田
315  堀田
320  町田
322  新田
323  古田
325  土田
328  川田
332  杉田
333  須田
336  梅田
360  塚田
364  下田
370  栗田
371  広田
373  窪田
382  嶋田
404  田原
407  稲田
417  林田
421  大田
428  柳田
439  冨田
441  浅田
443  園田
445  沼田
452  篠田
455  千田
460  田畑
461  花田
468  澤田
472  倉田
475  田上
483  徳田
509  秋田
525  細田
532  塩田
537  岸田
540  河田
567  半田
573  亀田
592  織田
603  有田
617  田崎
627  今田(主催者側。やっと出てきたよ。どこにいたんだよ!)
666  井田(主催地。井田の農家のみなさんご協力ありがとうございました。)

井田がやっと出ました。切りがないのでここでやめとこ。とにかく多い。
ひとつひとつ書き上げているとそろそろないだろうと思っていても、必ず出てきて終わらない。
それほど縁がある田んぼです。大事にしましょう。増やしましょう。


posted by 種まく旅人 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

一等賞上田さんからの感想

上田悦子です。遅くなりましてすみません。結果を知った時嬉しくて一人夜中に小踊りしておりました。あとここ2週間大変なご迷惑をかけていたようですみませんでした。ブログみて私行方不明!?と慌てました。 

↓ここから感想です。変な事書いてたら遠慮なく訂正してください。

  ハッピーヒルコンクールに参加するにあたって福岡正信さんの「わら一本の革命」、木村秋則さんの「百姓が地球を救う」を読みました。作物を育てた事がないにも関わらず本を読んで自信満々になり、よし!出来る!!と思っていたのですが実際やってみると素人過ぎて、アタフタしながら知り合いに聞いたり、園芸用品店で怒られながら教えてもらっていました。稲の水栽培にコッソリ挑戦したりもしていましたが上手くいかず全滅させました。(すみません石田さん、黙ってました)→(石田:別にいいんですよ。水でも土でも。)

  こんな私が何とか育て上げ、ここまでこれたのは間違いなく、とってもいい籾に当たった事だと思います。育てている3つのバケツ稲のなかで1つだけ大きく実りが多かった
ので籾の違いだろう、と。あと乾いた土を使い、毎朝水を入れ替える事は欠かさずにやりました。
あの小さな籾からどんどん葉が伸び、穂が顔を出した時、あまりの美しさと色っぽさに観とれました。時々宝石のように輝いている果物がありますが、稲にも 美しく輝く時間があるんだ、と。
  ハッピーヒルコンクールを企画してくれた石田さん、このコンクールを教えてくれた矢島さん、矢島さんを呼んでくれたビッカフェの堀江さん、 ありがとうございました。
  今年私の周りでは無農薬で栽培を始めた人が何人かいるので(私はこれを岐阜の自然農元年と呼んでいる)頂いたお米はその人達に分けて回ります。
  最後に一言!
  上田の田は田んぼの田ですからー!

 
PB030264.JPG

PB030262.JPG


主催者: 穂の数と、色具合からして上田さんの稲に決定しました。「乾いた土を使い、毎朝水を入れ替える事は欠かさず、、」ということは陸稲に近かったのでしょうか。やはり、ハッピーヒルは水少なめのほうがいいのかなあ。写真の光量が足りませんが、穂がとてもいい色でしたし、根も長いです。かなり苦労されましたが、苦労が実って、稲も実って、賞も貰って、おめでとうございます。

主催する側も石田に今田でした。
posted by 種まく旅人 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

前夜祭と収穫祭・ビデオ報告

まだ、収穫祭後遺症!で、あれは何であったか?なんて、ずーっと考えているうちに、参加した下釜監督がビデオ編集してアップしてくれました。これを見たら、何だかほっとしました。下釜さん、ありがとう。


当日、上映された福島原発被災者のビデオです。
posted by 種まく旅人 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

ハッピーヒルコンクール結果発表

ハッピーヒルコンクールの結果を発表します。

一位 岐阜県 上田さん
二位 福岡県 下釜さん、みつはしさん
三位 福岡県 福岡工業大学学生諸君と森山先生

三位の残った二組は、まだ青い穂のみなさんで競ってもらいます。一ヶ月後の状態で審査したいと思います。

ありがとうございました。収穫祭に参加できなかった上田さんと福岡工業大学へは後日発送します。収穫祭で疲労困憊なので、ちょっと時間をください。また、前夜祭、収穫祭報告も時間をください。周辺のことなどは、ブログ「土と石と」に書きます。

posted by 種まく旅人 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

収穫祭・前夜祭 直前報告

ヨズクハデモドキを反省し、ヨズクハデにより近いハデをもう一つ作りました。
PB010007.JPG

あなたを待つ前夜祭会場。
PB010028.JPG
posted by 種まく旅人 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

園児の稲刈り

井田の幼稚園の園児達が稲刈りにやってきました。
稲刈り模範演技を見る精鋭四人組
PA310015.JPG

小さい手でしっかり刈ってくれました。刈った跡が会場になります。どれだけ広くできたか、見に来てください。
PA310052.JPG

PA310056.JPG

PA310063.JPG

これから忙しくなり、更新が難しくなると思います。ご理解ください。
それでは、会場で会いましょう。
posted by 種まく旅人 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする