2017年08月03日

青森情報ください

今、青森市内にいます。青森県内の無農薬農家、自然食、自然食品関係、その他諸々、個人的にご存知の情報があれば、教えてください。daiki8822@yahoo.co.jp まで。
1.JPG
posted by 種まく旅人 at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネオニコの空中散布で千曲市土口の山から昆虫が消えた。次は人間

今日は3回目の更新ですが、1回目の「子供が壊される、、、」の記事に出ている千曲市(長野県)に関して、関連記事を見つけたので、以下より一部転載します。http://blog.goo.ne.jp/morimorikids/e/616c4ffef99d7e4e20472be58f348c3e

千曲市.jpg

ネオニコの空中散布で千曲市土口の山から昆虫が消えた。次は人間(妻女山里山通信)

◉千曲市が、6月16、17日にかけて松枯れ病のネオニコ農薬の空中散布を行いました。市のホームページでは、一週間は山に入るなとか、窓を閉めて外に出るなとか、出る場合は帽子・マスクをせよとか、農薬がかかった野菜は食べるなとか書いてあります。そんな危険と分かっている劇薬を空中散布しているのです。

山は繋がっています。散布後の週末には、散布を知らない長野市民が何人も山に入ったことでしょう。鞍骨城跡へ行く人気のコースですから。サイクリストも入ったはずです。これはもう犯罪と言っていいレベルの愚行です。散布地域のゼフィルスは、ほぼ絶滅しました。昆虫もほとんどいません。いずれは人間にも必ず影響が出ます。実際、空中散布の後に体調不良を訴える人が出ているようです。

◉ネオニコチノイド系・グリホサート系農薬の恐怖

 金沢大学教授山田敏郎さんは、「ネオニコは、毒性が強く分解しにくく、『農薬』というより『農毒』に近い。このまま使い続け、ミツバチがいなくなれば農業だけでなく生態系に大きな影響を与える。ネオニコの危険性を多くの人に知ってもらいたい」と語っているのです。生態系には、もちろん人間も当然含まれます。

 群馬県前橋市で、松枯れ病対策としてネオニコチノイド系殺虫剤が使用されるようになった2003年以降、ネオニコチノイド系殺虫剤が原因と思われる頭痛、吐き気、めまい、物忘れなどの自覚症状や、頻脈・除脈等の心電図異常がみられる患者が急増しています。なんと日本のネオニコチノイド系農薬の残留基準は、欧米よりも緩い基準値(日本は、アメリカの10倍、欧州の100倍近い)。(青山内科小児科医院 青山美子医師)

 ネオニコチノイド剤の使用が増え始めた2006年頃から、農薬散布時に自覚症状を訴える患者が増加。中毒患者には、神経への毒性とみられる動悸、手の震え、物忘れ、うつ焦燥感等のほか、免疫系の異常によると考えられる喘息・じんましんなどのアレルギー性疾患、皮膚真菌症・風邪がこじれるなどの症状も多くみられます。

日本では、果物の摂食、次いで茶飲料の摂取、農薬散布などの環境曝露と野菜からの摂取も多い。受診した患者では、果物やお茶の大量摂取群に頻脈が見られ、治療の一環で摂取を中止させると頻脈が消失します。(東京女子医科大学東医療センター麻酔科医師 平久美子氏)

 ネオニコチノイド系農薬の人体への影響として、空中散布や残留した食品の多量摂取による心機能不全や異常な興奮、衝動性、記憶障害など、急性ニコチン中毒に似た症状が報告されています。また、ネオニコチノイド系は胎盤を通過して脳にも移行しやすいことから、胎児・小児などの脳の機能の発達を阻害する可能性が懸念されます。(東京都神経科学総合研究所 黒田洋一郎氏):ダイオキシン国際会議ニュースレターより抜粋

 ネオニコチノイド系農薬の代表は、極悪企業モンサント社のラウンドアップ。元はあのベトナム戦争で使われた、ベトちゃんドクちゃんの奇形児を生んだ枯葉剤そのものです。それを希釈して空中散布するという狂気。家庭用の殺虫剤や、台所の三角コーナーのコバエ退治、猫のノミ取りなどにも使われているという狂気。ラウンドアップを使った土地は、遺伝子組み換え作物しか育たなくなります。


posted by 種まく旅人 at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月15日 滝上町(北海道) 7564ー7577

滝上町に行く途中でコンビニで外人の集団に7564番〜7573番
5.JPG

滝上町で道を尋ねたおじいさんに 7574番

滝上町の道の駅に行きました。洋風なのにびっくり。店員さんに7575番と7576番
6.JPG

しかし、洋風なのはここばかりではありませんでした。北の果てで一体どうしたことか。
8.JPG

裏から
9.JPG

滝上町に来たのは「森の子供の村」を尋ねるためでしたが、いきなり西洋風な建物を目にしてイメージがガラガラと崩れていきました。それでも、道の駅の店員さんが知っていて「佐藤商店を訪ねればわかる」と言われたので、早速10数キロ走って行ってみました。ここから、さらに脇道の砂利道を数キロ行けと。7577番を。
100.JPG

やっと探し当てたものの、鬱蒼とした場所で、いつ熊が出て来てもおかしくなさそうでした。しかも、誰もいません。
100−2.JPG

6 2.JPG

それで再び安全な場所を探してみたら、数キロ走ったところに唯一セメントの地面がある場所があったので、ここで一夜を過ごすことに。草が生えていると、どこから襲われるか分かりませんし、逃げる方向が定まりません。やはり、何もない平地は安心。こういう場合は五郎八にも聴覚、臭覚を効かせてもらわんといけません。「変な物音や臭いがしたら、吠えるんだぞ」「ワオォォォォーー」
101.JPG


posted by 種まく旅人 at 10:09| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供が壊れていく、、、

以下より転載します。
http://archives.mag2.com/0000251633/

『 農薬空中散布が子どもを壊す 』

■最初は「安全」、終わりは「超危険」

 「低毒性」の謳い文句で始まり、重篤な被害で禁止される。これが農薬のいつ
ものパターンだ。ビル内の害虫駆除を理由にして撒かれてきたスミチオンなどの
「有機リン系農薬」は、神経毒性が認められて下火になり、その後に伸びてきた
のが「ネオニコチノイド系農薬」だ。これまた「昆虫には効くが、人間には影響
がない」という謳い文句で登場した。そして全世界的なミツバチ失踪の原因物質
の一つとなった。

 日本では単位面積当たりの農薬使用量が世界で中国・韓国に次いで三番目に高
く、有機リン系に続いてネオニコチノイド系が使われた。しかも両方を混ぜて使
う事例も多かった。

 それが脳細胞の神経伝達に影響を及ぼし、子どもたちのADHD(注意欠如・
多動性障害)などを多発させているという報告がされたのは。ミツバチの失踪が
問題になった後になってからだった。特に幼少期であればあるほど、脳細胞への
影響は大きくなる。

 それについて、千曲市で現実に起きてしまっている事態があるので、「松本の
松枯れを考える住民の会」にある動画から一部書き起こしてその実態をお伝えし
たい。

■千曲市の小学校での実態 

「私は、千曲市在住で2015年まで薬剤空中散布を行っていた場所のすぐ近くに住
んでおり、高1、中1、小4と3人の子どもがおります。2番目の子どもである
次女が今年の3月まで通っていた小学校のクラスの子どもたちの状態についてお
話したいと思います。この子たちのクラスは保育園のときから問題があると言わ
れていました。特別支援の先生が必ずついていました。

 しかし先生たちからの説明は私たちに一切ありませんでした。保育園の頃から、
園庭のど真ん中で大騒ぎをしている子がいたり、教室の中にいなければいけない
時間でもいない子がたくさんいたりしました。小学校1年生に上がってからも同
様でした。

 小学校では1クラス27人ですが、授業の時に騒いでしまう子、教室中に外にい
る子、遠足の時でも班行動ができない子、教室も団体で行動ができず、自由時間
を設けないと成立しないような状態でした。たまたま娘の忘れ物を私が届けに行
った時のことです。クラス担任だけではどうにもならず、教頭先生と校長先生も
子どもたちを見ていて、隣の部屋を段ボールで仕切って、子どもたちを一人一人
を囲って何かをしているという様子を見てしまいました。それを見たときに、
どういう教育なのかとすごくビックリして、すぐ先生に聞きました。

 すると先生は、「それはプライバシーの問題なので話せません」と言いました。
おかしな光景を私が見たにもかかわらず、学校側は説明は遠慮させてもらいたい
という事でした。自分の子が他の子たちと同じ教室で一緒に勉強をしている状況
に置かれているにもかかわらず、保護者には知る権利がない状態なのです。

 小学校5年生の頃は、1組27人のうち、1人が子ども病院を入退院していまし
たので残り26人でした。しかし全員で授業を受けられる状態ではなく、別々に授
業を受けていました。

 まず言語障害といったはっきりとわかるような障害を持つ子たちが2人いまし
た。次に、7人のクラスがあります。その7人をさらに2つに分けています。
4人は不登校になりそうな子たちで、娘曰く、国語と算数が著しくできない子た
ちです。みんながいる教室の方に来る時もありますが、その時の気分や来られる
授業だけ来て、あとはお菓子作りとゲーム遊びをして、とにかく学校から出てい
かないようにしています。授業ではないのです。もう半分の3人に加えて違う学
年の子もいます。とにかくじっとしていられず、教室にいられない、個別に先生
が見ていなければならないような子たちでした。

 残り17人のうち、9人の子たちが普通に授業が受けられますが、8人の子たちは
教室から出てしまったり、おとなしくじっと座っているけれど全然勉強ができな
かったりという状態でした。でもかろうじて教室にはいられるから、一緒のクラ
スになっていたようです。

 つまり1組27人のうち普通に授業を受けられるのは3分の1の9人だけで、
あとの子は授業にならないのです。担任の先生は時折教室を出てしまったりする
8人の隣に、授業を受けられる子9人を座らせ、授業を成り立たせようとしてい
ました。

 そのため私の子は、「隣の子の面倒を見ながら授業を受けている」と言ってい
ました。普通に授業が受けられる子は「優等生」のような扱いでした。

 私は2011年頃に「農薬の空中散布」に関心を持ち説明を受けましたが、市から
は散布した後は安全だと言われました。6月に農薬を散布する日が、ちょうどプ
ール開きという時もありました。散布の連絡は有線放送だけで学校からの連絡は
なく、先生たちの認識も全然ないという状態で散布され、散布当日もプールには
前日から水が張ってありました。」

■子どもたちが壊される

 今や学習障害(LD)、ADHD、自閉症などは多発するようになり、世界的
にはその原因は農薬などの外部環境に求めるしかないと定説化している。以前は
「自閉症遺伝子」や「母親の育て方」に原因を探し回った時代もあったが、どれ
も一部を説明するものでしかなかった。今では有害化学物質の影響が大きいと考
えられている。

 有機リン系、ネオニコチノイド系農薬は、どちらも神経伝達を阻害して虫を殺
す。有機リン系もネオニコ系も神経伝達をオンにし続けることで阻害する。これ
が脳の発達障害を招き、ADHD、知能低下、自閉症を招く。

 この農薬がガーデニング、コバエ取り、ペットのノミ取り、家の木材の木材処
理やシロアリ防除にも使われている。見渡せば殺菌・殺虫剤まみれの家庭は、農
薬に囲まれているのだ。残留性が高く、種類によっては数年持続し、しかも水に
溶けやすいので野菜の表面ではなく中身を汚染する。だから果物、お茶、野菜は
洗っても落ちない。それが子どもの脳を襲うのだ。

 松本市では一部地域の空中散布を延期したが、それでも散布を中止してはいな
い。そこで地域の市民は提訴した。そこまでして農薬メーカーを擁護するのはな
ぜなのだろう。子どもより大切なものとはどうしても思えないのだが。(転載終わり)

これに関連したグラフです。以下より転載します。
http://oka-jp.seesaa.net/article/413213183.html

1ー通級( 普通に小学校に通うことに問題はないけれど、発声や耳の聞こえ方などにやや問題がある児童、あるいは、ADHD (注意欠陥・多動性障害)などの子どもなどが、週に一度、教室に通って指導を受けるというもの )
1ー通級.gif

2ー日本における先天異常発生頻度の推移
2ー日本における先天異常発生頻度の推移.gif


posted by 種まく旅人 at 03:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする