2017年08月09日

山の中から抜け出せず 3

道具はこんなものしかありません。スコップがないのは痛いですが、金槌で地面を叩いて砕いて土と石を手袋でかき出す。それを姿勢を屈めてやるのが一番きつい仕事。
11.JPG

石を敷き詰めてこんな状態にしても、まだ空回り。
13.JPG

放っておくと、水が溜まります。  タイヤについたこの棒は、、、
14.JPG

以下のようなやり方がネットに出ていたので試しました。


しかし、棒が石に挟まっただけで終わり。車内のこの太い材木も使いましたが、同じ。しかし、これは衝撃的なアイデアでした。地面ばかりに気を取られていましたが、逆にタイヤを凹凸にする発想ですね。
15.JPG

頻繁にこのアブが来て、邪魔します。虫が減ったとはいえ、こういう虫はたくさんいるんです。嫌な虫だけが残る世界になるのでしょうか。
10.JPG

これからは、できるだけ大きな石を敷き詰める作戦で行こうと思っています。
12.JPG

問題はガソリンの量です。まだ半分ありますが、これが無くなるとパソコンとスマホも使えなくなり、救助も呼べなくなります。それでも歩いて町には出ることができるので、切羽詰まるわけではないです。

ところで、北朝鮮の核の脅威が増すせいなのか、以下のような記事がありました。一部文章を抜粋紹介します。

以下より抜粋 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00010000-yomonline-life

高度上空の核爆発で起きる「電気がない世界」の恐怖

国全体で長期間、電力がまったく使えなくなると、どのようなことが起きるのだろうか。そのイメージをつかむのに、今年2月公開の日本映画「サバイバルファミリー」(矢口史靖監督)が参考になる。平凡な一家の視点から、現代人の生活がどれほど電力に依存し、それがないと、どんなことが起きるかがわかりやすく描かれていた。

普段と変わらないある日、原因もわからず電気が止まる。目覚まし時計もスマホもテレビも、冷蔵庫もガスコンロも水道も使えない。今何時かもわからないまま外へ出ると、エレベーターも信号機も自動車も電車も、何もかも止まっている。現金自動預け払い機(ATM)は作動せず、預金データも消えてしまっている。食料や水、日用品は次第に尽きていく――。(転載終わり)

以下予告編、ちょっとふざけてますけど、核でなくとも実際起こりうる話です。


これらの生活に困るであろう様々なことを都会でなく、田舎に住み、現代の生活の中に浸らないようにしていた場合にはどうなるかを考えてみました。

目覚まし時計=時間は太陽を見て決めます。
スマホや携帯、固定電話=連絡ができなくなるという点で困りますが、こうなったらお互い自分たちでやっていくしかないですから、放っておくしかありません。
テレビ=ない方が健全です。

冷蔵庫=あったに越したことはありませんが、無くても生活はできます。一時期、反原発で電気料金を支払わないでいたら、電気を止められました。電気なし生活が3ヶ月(春から夏)くらいありました。その時に困ったのは冷蔵庫でした。そこで、食えるものを探したら、山の中には山菜が豊富にあったので、毎日おかずは山菜にして、玄米は1年分くらいはあったので何とかなりました。肉食の人は、罠でも仕掛けて、猪でも取ればいいです。簡単じゃないですし、技術が要りますが、あえて食わなくてもいいでしょう。

電灯・パソコン=その時に、大家さんが一枚だけの太陽光パネルを用意してくれたので、パソコンと電灯は何とかなりましたが、パソコンは元々不必要ですし、電灯はローソクがあれば何とかなるし、夜は寝てしまえば、明日は明るいです。

ガスコンロ=山の木々があれば、煮炊き、風呂も可能です。

水道=地下水、湧き水があります。

エレベーター、信号機、電車=田舎にはありません。

自動車=動かなければ、要りません。のんびり家にいて、自然を満喫すればいいのです。

現金自動預け払い機(ATM)=ATMも遠いし、第一買う店がほとんどありません。しかし、いざという時のためにある程度は現金で持っておく方がいいですね。

食料=玄米と梅干しと、時には自家製の味噌もあります。山菜と。

日用品=洗剤とかですかね、手で洗えばいいし、熱湯注げば落ちます。
他に贅沢を言えばきりがないので、日用品はあるもので満足する。トイレットペーパーが無くなったら、インド式で水と手で洗う。

ということで、電気がなくなって困るのは、都会の人と、田舎でも都会並みに生活している人だけです。こういう事態になった時には、いつも現代的でなく、かつ贅沢をしていない人だけが、いつもと変わらず幸せに生活しているように見えるし、実際そうだと思います。それが元々の人間の生活だと思うのですが、それを電気と科学が一つずつ潰していったように思います。

映画の中の「人間がONになる」という言葉はいいですね。つまり、みんなOFFなんです。今、私はあえてONやってるわけです。でも、文明の利器ー車ーなんか使うからこういう羽目になるんですけど。

みんな分かったかな?トイレは外でもできるよ!
4.JPG


posted by 種まく旅人 at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする