2017年08月02日

7月13日 東川町(北海道) 7534ー7563 水の町

北海道文化放送の柳町さん紹介の東川町を訪れました。
川釣りをしていた方に7534番。

翌日、別な場所で再び魚釣りに来た方に7535番を。
10.JPG

川が心地よさそうだったので、五郎八を放してやりました。
2.JPG

1.JPG

「気持ちいいなあ」
3.JPG

「お前も入らんか!」
4.JPG

情報収集に、市役所へ行きました。
13.JPG

応対してくださった方に7546番〜7548番を。一つは留守の町長さんへ。
12.JPG

本を頂きました。
28.JPG

本の中にあるここへ行ってみたかったです。次回は是非。
29.JPG

東川町主催の「写真甲子園」に参加経験がある方と町で知り合い、7549番と7550番を。
14.JPG

役所では、無農薬農家、自然栽培農家が見つからなかったので、検索して見つかったのが「和合の杜」の南さん。あまりお話をする時間がありませんでしたが、詳しくはホームページをごらんください。南さんの誠実さと品性が伝わる文と写真とデザインです。 「和合の杜」https://www.wagounomori.info 
その後訪ねる「まほろば」で研修されていました。
15.JPG

亜麻仁油の「亜麻」のタネを頂きました。質の良い食用油が取れるそうです。油絵の高級オイル「リンシードオイル」でもあります。
15−2.JPG

南さんが車で案内してくださったのが「ミココロムスビ彩園」の塩谷さん(左)。訪問中のお友達と。タネ交換会をされるというので、余分に7552番〜7563番。
フェイスブックはhttps://m.facebook.com/ミココロムスビ彩園-1746521648911355/
16.JPG

井戸を掘ったら、掘り師も驚く良質の水が出たとか。五郎八が喜び勇んで入りました。東川町は地下水の汲み上げの電気代金だけで水は無料だそうです。つまり市の水道ではないのです。水道普及率たったの2.2%。消毒していない美味しい地下水。飲んでみましたが、う、うまい!今までにない美味しさでした。
17.JPG

23.JPG

心地よい庭を案内してもらいました。
24.JPG

桑の実など野生の果樹が豊富。
25.JPG

子供の時から、全てを自分で作りたいと思った塩谷さんは設計事務所、海外青年協力隊等を経て、結婚。自分で家を建て、自給自足して、どんどん実現化。
27.JPG

世界中で減少化する虫たち。ここではでかいのが三匹もイモイモしてました。
26.JPG

タネの交換もしました。

初めてみた綺麗な模様のある豆。塩谷さんも本当の名前をご存知なくて、道東のおばあさんからもらった豆を「フリルインゲン」と名付けていました。後に「トラマル」という人がいました。
26ー塩谷1.JPG

模様が美しいと聞いて頂いたスイカ「ムーン & スター」
26ー塩谷3.JPG

検索したら、こういう風。確かに月と星!
26−2.jpg



【関連する記事】
posted by 種まく旅人 at 10:36| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。