2014年11月30日

2014年度ハッピーヒルコンクールの結果

コンクール結果発表 ( http://happyhill.exblog.jpより )

藤田さん、刈田さん、せこさん、山村さんの四人が最後まで残りました。それぞれ穂がついていますので、全員栽培賞を贈ります。

当初は一人1キロでしたが、人数が少ないので5キロ以内なら何キロでも送ります。ただし、送料は負担して頂くのと、種籾状態(籾を込み)で送ります。白米でも玄米でもありません。それをいかにして玄米なり、白米にするかはそれぞれ工夫(機械、依頼、自らの手)してください。それもまた米を作り、口に入れるまでの過程の一つだからです。事務局に住所氏名とキロ数を連絡してもらえば、直接ここから送ります。

それにしても最後まで残る人が意外に少ないことに驚きましたが、それほど難しいということでしょうか。私自身は3年目でもあり、田んぼでも育てているので、無農薬米って案外簡単だなあと思っているのですが、たまたま運が良かっただけなのかと思い返しています。

応募された方達が都市部に住んでいるとすれば、まず土探しからでしょう。ホームセンターとか行かれるのでしょうか?あるいはコンクリートやアスファルトの間のわずかな隙間にある土を取るとか。学校や幼稚園の土や砂をもらったり、空き地の土をこっそり頂いたり、郊外に行って取ってきたり、田舎に住む親戚に頼んだり、、結構苦労されたかもしれません。

しかし、実はここに現代の問題があるのかもしれないと思いました。土と水と太陽さえあれば、後は残飯、大小便を肥やしにどこでも育てられるのではないかと思いましたが、都会にはバケツ一杯の土さえない!という現実。都会での自給自足は到底無理ですね。

他の要因、例えばうかつにも日陰に置いていたとか、水が枯れていたとか、ほったらかしだったとか、何か原因があったかもしれません。昨年当地の農家の方にもバケツ栽培してもらいましたが、全く関心のなかった農家のバケツ稲は寂しい穂でしたから、面倒見の良さは大事なのだと思います。逆に本気でやった農家は田んぼの稲と変わらないたくさんの穂がついてました。物理的な面倒見もさることながら、栽培への思いに結構米は反応すると思います。

失敗された方は、それがわかっただけでも、別の意味の収穫なのではないかと思います。また、米の収穫があった方は、米を育てるということがどれほど楽しくてうれしいことかわかって頂けたら大変うれしいです。不思議なことに、米の生長や収穫は他の作物にはない喜びがあるのです。栽培賞の方は将来米を育てる気持ちになったときには、ある程度の自信を持ってできるでしょう。バケツと田んぼでは異なりますが、基本は同じです。

私事ですが、今年は事故があったり、穂と穂の幅を広げたりした(雑草を取り易くするために)ので、収量は少なかったですが、早めに刈ったコシヒカリは大変美味で母も食べ過ぎるくらい食べてくれました。家族に自分で作った米を食べてもらうほどうれしいことはありません。また、三回目ともなると、農家の方の助言を受けることなく、それぞれの作業をスムーズにできました。

先日、たまたまおでん屋で米の品評をする方と偶然に同席しました。市内の米から厳選された20農家の米を品評したそうですが、色、艶とも素晴らしい米を一つ選んだところ、それは人口700人弱の当地井田の米だったそうです。私のような素人でも美味しい米ができるわけです。寒暖差があることと粘土質の土が美味しい米作りの条件ですが、ここは300m程の高地にあることで寒暖差があり、どこもかしこも粘土質なのです。

最後に余談ですが、日本の農業について興味深い情報を得たので列記します。

1、全世界で農業用地下水の過剰な汲み上げ量は年間1600億立方mで、日本の年間水総利用料877億立方mの二倍弱である。

つまり、他の多くの国々は地下からの水を利用することが多いのに、日本では天から降って来る地上の水でほとんど満たされているということです。地下水をくみ上げることで、水自体が枯渇しているところもあるのに比べて、いかに日本が恵まれていることか。

2、植物が生長しているのは、土壌表土から30cm程度の表土と呼ばれる部分である。表土の生成速度は1cmにつき200〜300年と推定される。30cmの表土は6000〜9000年という長い期間をかけて形成されたものだ。これが失われることは、農業生産力をほとんど放棄することに他ならない。

何でもない土なのですが、実は金(ゴールド)より貴重なものが表土なんだといつになったら、人類全体が気づくのでしょうか。

3、カリフォルニアでは、200年かけて作られる1cmの表土の11分の1が毎年失われている。つまり200年かけて作られるものを11年で失っている。このような表土の浸食は全世界で年間250億トン、オーストラリアの小麦畑から、すべての表土をはぎ取るに等しい量だと言われている。

全体のことや永続性を考えずに生きている人類の未来は哀れなり。

4、かつてヨーロッパの三圃式農業に見られるように輪作体系により、連作障害を防止していた。しかし、同じ農地に同じ作物を連続して作付けするという単作化が進行している。これによる単作障害を抑えるために、農薬や化学肥料の投下量が増加している。これは土壌を劣化させるだけでなく、地下水等も汚染してしまう。

こういう実情を話しても、良い反応する農家はほとんどありません。「それ(無農薬、無化学肥料)じゃ、作れない、食っていけない」が大部分の反応。「それでは、どうすればいいか?」という問いかけに繋がりません。わずかにそういう農家も増えてきつつありますが、微々たるものです。政府が決めれば一斉に変わるのも日本なのですが。

5、資源のない日本が工業国になり、資源が豊富なアラブ諸国やオーストラリアなどの国では、何故十分に工業が発達しないのか?工業に必要な水がないからであり、これを輸入するとコストがかかり過ぎて競争力がなくなるからである。豊富な水があることが工業国になり得た一つの原因であり、経済大国になり得た原因でもある。

日本の工業力は、技術力によるものだとばかり思っていましたが、水の豊富さがなければありえなかったわけです。経済的に豊かになったのも水の御陰。

6、日本の年間平均降雨量は1700ミリで世界平均の二倍、世界第三位。雨水のままでは、流れてしまうだけで利用できないが、水を蓄えて供給してくれるのが第二の資源である「森林」と、3000年も維持して来た水田である。雨は山の木と土に蓄えられ、ゆっくりと川へ流れ、また雨水や川水から水田にたまった水もゆっくりと下流に流れる。この作用によって、水は蒸発することなく利用できるようになる。その結果、日本の取水量は300ミリで世界平均の6倍で世界第一位。森林と水田は巨大な緑のダムとしての働きがある。

こういうことを知らずに(あるいは知っているにも関わらず)減反政策をしている日本政府には多いに責任があります。日本人全体がこのことを知り、日本の水田を大事にしないといけないと思います。

7、アジアでは夏に降雨量が集中し、ヨーロッパは平均して雨が降ることが、アジアは米、ヨーロッパは小麦になった理由でもある。一粒からの生産力という点では、米は小麦をはるかにしのぐので、ヨーロッパもできれば稲作をしたかったはずである。アジアのモンスーン地域が世界の14%の面積にもかかわらず、世界人口の54%を養っているのは米の力である。水田は水を作り出す一方、水の働きによって森林からの養分を導入するとともに、病原菌を洗い流す。この作用で水田には連作障害はない。中国長江で7000年間、農業が継続できた理由である。

過去数千年のアジア人類最大の知恵が水田なのです。これが軽視される科学万能の現代は、数千年の知恵を水の泡にするのか、、、。

8、水田は土壌流失を防ぐが、都市部に水田が少なくなったことで、土壌は都市に流れ、川底が上昇し、雨期には水の氾濫がおこる。下水道を逆流し、低地にあるマンホール、風呂場から溢れ、浸水被害が生じ、都市型水害になる。人間と自然の共生システムは都市化により水田は宅地化され、さらに高度経済成長時代に急速度で崩壊、70年からの減反政策で決定的に破壊された。将来、米の一人当たりの消費量減少と人口減少、輸入米により、さらに水田の面積は減少する。

日本から水田面積がドンドン減っていくことで、我々の生活は一体どうなっていくのでしょうか。日本全体でなくとも、少なくとも地域的にこの共生システムを復活させて生活していくことが、これからの我々の使命のような気がします。あなたもそろそろ田舎に行って、米作りをしませんか?

この資料は農林省の山下一仁氏著作「農協の大罪」からでした。良識と良心のある官僚もいるんだなあと関心しました。すでに沢山の人に読まれている本ですが、日本国民全員に読んでほしい本です。あなたも是非一読を。

ところで、地球的規模であちこち問題が起こっています。自然災害、異常気象、経済問題、戦争、暴動、病気、、、。すべての問題が同時期に起こっていることの不思議さを思います。20年前にアーティストとして崩壊作品を作り出し、2001年の911同時多発テロで「あれ、世界崩壊を暗示してたのかあ、、」と自分の作品を振り返りつつ、さらに作品も世界も崩壊一路の路線は続き、今は何だか後一歩の感じがしています。

6月の耕耘機事故で、自分の命も危うくなり、「こりゃ、やばいなあ。やるべきことは早いうちにしておかなきゃ」と過去の全作品を見せる展覧会をやりましたが、それも崩壊に繋がるような作品が大半。

さて、これからどう動くのか?思考錯誤してます。それもあって、私自身はハッピーヒルのバケツ稲栽培コンクールから撤退することにしました。正直、「これをしていても間に合わない」という自分の思い込みかもしれませんが、のんきにバケツ稲栽培しているより、できるだけ多くの方が田舎に住み本格的に栽培したほうがいいじゃないかと思っています。これからは都会に住んでいるより、田舎の方が断然安心、安全、長生きだと思うからです。食べ物(栽培、自然の山菜、木の実、果物、動物等々)とエネルギー(木、枯葉、雑草、水、風、太陽等々)が豊富にあり、サバイバル時代にはここしかありません!

もし、あなたがバケツ稲栽培したいのであれば、だれかが主催するバケツ稲栽培を待っているのではなく、農家に行き、種籾を分けてもらい、育て方を教わり、実行することです。そこには人との交流があり、農に接し、農に学ぶという大事なことが沢山含まれています。それがとても大事なのです。

農家の人は本当に親切な人が多いし、稲を育てたいという気持ちは尊重されると思います。稲を栽培したことがある人ならば、拒否することはまずないと思います。その喜びと大切さを身にしみて知っておられるからだと思います。栽培に関しての厳しい言葉も聞くことになるかもしれませんが、それも大事なことです。また、無農薬農家なんて、めったにないのを知るでしょう。致し方無しの農薬農家を知る良い機会にもなるかもしれません。逆に言えば、つまりは食べる側が「安いものでなく、安全なもの食わせろ」運動をすれば、みなさんそうせざるを得なくなるのです。大部分が食べれば、安くもなるでしょう。化学肥料、農薬を売らんがための農協農業に反旗ひるがえし、見た目や安さより安全作物を求めることが日本人がすべきことでしょう。

ただし、栽培はそれなりに本気にならないと実りはないし、現代文明に汚染され過ぎている人には、パソコン操作みたいにはいかないことを覚悟しないといけません。また、量が多ければ多いほど、肉体がものを言う世界です。それらの一つ一つが「人間が生きる」ということに繋がる重要なことなのです。人間は勝手に自らを霊長類と決めていますが、結局一種の動物であり、動物として自然との調和をしていかなければならないというのが、自然農とか無農薬、無化学肥料での栽培から学ぶことではないかと思います。

バケツ稲栽培をハッピーヒルで始めましたが、それは自然農の創始者である福岡正信さんの交配した米であるからです。自然農への賛美と、また、これからの食糧難に備えて多収穫米であるハッピーヒルを選んだのです。しかし、米の種類は何でもいいと思います。消毒をしていない、できれば無農薬で作られた種籾を探すところから自らの命、地球の命を守ることが始まるでしょう。


posted by 種まく旅人 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

ハッピーヒルコンクール2014


「ハッピーヒルコンクール2014」の種籾発送と、ブログ掲載に関してスタッフの募集をしていましたが、茨城県の山村 玲さんが名乗りを上げてくださいました。そのため、ブログのアドレスを変更しましたので、応募されたい方や興味のある方は、以下に移動してください。

「ハッピーヒルコンクール2014」http://happyhill.exblog.jp




posted by 種まく旅人 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

ハッピーヒルコンクール協力者締め切り期日

ハッピーヒルコンクールの協力者の申し出はありません。たぶん、残念がっておられる方もいるでしょう。今年は無理でも来年はできると思われれば、来年の予約(協力の申し出)をお願いします。とにかく、このイベントは一人では無理なのです。それにみんなの問題ですから、みんなで創る上げるというのが大切な点です。それを理解して頂きたいと思います。今月中に申し出がなければ、中止と致します。
posted by 種まく旅人 at 19:45| Comment(1) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

2014年度のハッピーヒルコンクールについて

さて、今年も種まきの季節が来ました。今年もハッピーヒルコンクールをしたいところなんですが、事情が変わって来て難しくなっています。

何故、難しいかと言うと、

主催者である私が電力会社(ここでは中国電力)に抗議して、電力料金未納状態にしたので、家に電気が来ていません。それで、パソコンの電源さえ日々心配しなければならない状況です。詳しくはブログ「土と石と」をご覧ください。福島へ放射線量を計りに行ったことで、電力会社への反発がより強くなった経過など書いています。

また、その延長で自らエネルギーを作る装置を作るために時間を割くようになるので、コンクールにはあまり沢山の時間をかけられなくなりました。

借りる土地がさらに、4反以上増えて自らの農作業が忙しくなりました。

また、今年からメロン栽培をしている友人の手伝いをすることになり、1週間のうちの3日はそれに費やされます。徐々に資金が無くなってきた私としては、収入も得なければならないので、これも致し方ありません。

環境の変化と、資金不足、時間の問題が発生したのです。それで、もしみなさんの中でハッピーヒルコンクールのいくつかの部分を分担してやってくれる人がいれば、継続は可能です。ただし、できれば昨年の参加者が相応しいと思います。

まず、

1、種籾発送係ーこちらが担当者に種籾を送るので、それを参加希望者に送る。ただし、今年は少量、無料にして切手代金だけにする。

2、経過報告係(ブログ担当)ー参加者から報告を受けてその栽培経過をブログ(新たなブログ)に記録して行く。昨年のように。

3、当日、いろいろ係

4、その他、諸々係(1、2、3以外に何かあった場合の予備的役割)

大まかにはこれくらいだと思います。すべて無料奉仕ですが、収穫量に応じた無農薬米をお礼に差し上げたいと思います。

連絡は daiki8822@yahoo.co.jp まで

また、ハッピーヒルを本格的に栽培するために種籾が必要な方は1キロ=1500円で販売しているので、希望者は同じアドレスに連絡をください。
posted by 種まく旅人 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

やっと終了!

PB300033.JPG

11月30日、今田さんのハッピーヒルの田んぼのはでぼしの脱穀を終え、今年の米作りがやっと終わりました。
日本国内でも最も遅い脱穀だったかもしれません。それでも12月にならなくてよかったです。

収量は籾にして230キロ、白米にすれば170キロくらい。イノシシの被害、台風、スズメの被害で二、三割の減収になったとし、面積は7畝くらいなので、反収(一反=1000u)当たりの収量としてはまずまずでしょう。被害無しなら一反ならば、400〜500キロは取れたはず。休耕田だったことと、竹パウダーが効いたと思います。ただ、来年が問題です。

ちなみに私の田んぼは相当な減収になり、去年は100キロくらい取れたのに、今年は一反で70キロくらい。一年間食べる量もありませんでした。原因は肥料を全くやらなかったこと、イノシシの被害。来年は肥料についてもっと勉強して実行するつもりです。それとイノシシ除けの柵を事前に設置すること。

ただ、ハッピーヒルの味に関しては長年稲作りをしている田舎の老人達に食べてもらっても「美味しい」「普段食べている米と変わらない」と言われ、さらに冷めても美味しく、ほっとしています。また、地元のテレビが「収穫祭」を紹介してくれたお陰でハッピーヒルの知名度は格段に上がりました。農家の人々は興味津々ですし、市内方々で「ハッピーヒル?」米の名前としては珍しいこともあり話題になっています。

無農薬でしかも美味しいハッピーヒルということで、売りたいところですが、まだまだ売るには量が足りません。せいぜい自分たちが食べる量くらいです。来年は何とかしたいなあと今田さんと話しています。
posted by 種まく旅人 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

収穫祭を終わって 1

収穫祭が終わってもう二週間も経ちます。
下釜さんのビデオで様子が伝えられたのでちょっと安心しているところがありますが、実はいまだに頭の中には収穫祭があって、たびたび反芻しています。

僕が挨拶で話した内容の中に、こういう言葉がありました。

「ハッピーヒルコンクールは採算が合わない」という1人の地元民の反論に対して、私の採算は明日明後日のお金ではなく数年、数十年、数百年後にどこで買い物しても安心して何でも買える世の中になったときに、それが私にとっての採算があったときである。

とても遠大なものだけれど、実際そういう時代になってほしい。そういう時代に戻してほしいと思う。子供は親が差し出す食物を何の疑いもなく食べるが、親はそれが食べるに値する物かどうか計る術がない。本来ならば、親が長年食べて安心できると思う物を与える。しかし、今の食品はそうではない。突然新製品が出て来る。新たな化学物質が出て来る。知らない土地のものが店に並ぶ。国やお店は安全だと烙印を押して、国民を安心させる。親は実体験がないまま子供に与える。そこに落とし穴が待っている。しかも時に害は時間を経てから出るので、何が原因かもわからない。親が知らない物を子供に与えるのは賭けみたいなものだ。

最低の世の中だと思う。自然が与えるものは選択を誤らなければ、害になることはない。しかし、人間がいじりすぎて今の世の中の食物は選択ができない、選択しても安全かどうかわからない。人間社会を出て、自然の中で生活する方がよほど安全ではないかとさえ思う。自然の中の熊より、人間の中の見えない熊のほうが恐ろしい。

人間が混ぜ繰り返して砂漠化していくこの自然界も、もし、仮に安全な食物が溢れるような時代になった時には、きっと自然も輝きを取り戻しているはずだ。

今回、参加した皆さんの中には専業農家はほとんどいない。それより普通の主婦やサラリーマン。主婦は男より食べ物に敏感だ。子供の守るためでもある。ここからまた社会の変化も生まれてくるように思う。こういう普通の主婦の動きに、農家の方や食品会社の方は注意を向けてほしいと思う。そして、こういう主婦がどんどん増えてほしい。

実はこのバンブードームはうつ伏せの女性の形を模したものだ。手前のふくらみからお尻、肩、頭だ。食べ物を嘆く女、あるいは食品提供者にギブアップを強いる女!  女性の立ち上がりがこれからの時代を切り開くかもしれない。
PA150009.JPG

posted by 種まく旅人 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

田の付く名字



田の付く名字を多い順に集めてみました。

4位    田中

11位   吉田 

12位   山田

24位   池田

29位   前田

30位   藤田

33位   岡田

44位   福田

45位   太田

48位   松田

51位   原田

54位   田村

57位   和田(2人ー収穫祭参加、音響設備関係。ありがとうございました。)

59位   石田(1人ー主催者側。ご苦労様でした。)
60位   上田(1人ーコンクール参加。一等賞!)

61位   森田

63位   柴田

69位   内田

76位   高田

78位   武田

79位   村田

82位   増田
104位    島田
110位   西田
115位   安田
117位   浜田
118位   中田
120位   平田
122位   飯田
123位   本田
124位   久保田
129位   岩田
136位   田口
153位   野田
157位   黒田
161位   永田
165位   田辺
174位   横田
177位   鎌田
178位   沢田
180位   成田
181位   小田
182位   宮田
205位  奥田
206位  富田
221位  寺田
232位  竹田
239位  坂田
241位  豊田
245位  角田
252位  植田
253位  神田
254位  田島
265位  長田
284位  田代(収穫祭手伝い。ありがとう。元気かなあ)
292位  戸田
300位  米田
302位  津田(前夜祭参加旧姓。現常松。餃子ありがとう。うまかった!)
307  米田
313  金田
315  堀田
320  町田
322  新田
323  古田
325  土田
328  川田
332  杉田
333  須田
336  梅田
360  塚田
364  下田
370  栗田
371  広田
373  窪田
382  嶋田
404  田原
407  稲田
417  林田
421  大田
428  柳田
439  冨田
441  浅田
443  園田
445  沼田
452  篠田
455  千田
460  田畑
461  花田
468  澤田
472  倉田
475  田上
483  徳田
509  秋田
525  細田
532  塩田
537  岸田
540  河田
567  半田
573  亀田
592  織田
603  有田
617  田崎
627  今田(主催者側。やっと出てきたよ。どこにいたんだよ!)
666  井田(主催地。井田の農家のみなさんご協力ありがとうございました。)

井田がやっと出ました。切りがないのでここでやめとこ。とにかく多い。
ひとつひとつ書き上げているとそろそろないだろうと思っていても、必ず出てきて終わらない。
それほど縁がある田んぼです。大事にしましょう。増やしましょう。


posted by 種まく旅人 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

一等賞上田さんからの感想

上田悦子です。遅くなりましてすみません。結果を知った時嬉しくて一人夜中に小踊りしておりました。あとここ2週間大変なご迷惑をかけていたようですみませんでした。ブログみて私行方不明!?と慌てました。 

↓ここから感想です。変な事書いてたら遠慮なく訂正してください。

  ハッピーヒルコンクールに参加するにあたって福岡正信さんの「わら一本の革命」、木村秋則さんの「百姓が地球を救う」を読みました。作物を育てた事がないにも関わらず本を読んで自信満々になり、よし!出来る!!と思っていたのですが実際やってみると素人過ぎて、アタフタしながら知り合いに聞いたり、園芸用品店で怒られながら教えてもらっていました。稲の水栽培にコッソリ挑戦したりもしていましたが上手くいかず全滅させました。(すみません石田さん、黙ってました)→(石田:別にいいんですよ。水でも土でも。)

  こんな私が何とか育て上げ、ここまでこれたのは間違いなく、とってもいい籾に当たった事だと思います。育てている3つのバケツ稲のなかで1つだけ大きく実りが多かった
ので籾の違いだろう、と。あと乾いた土を使い、毎朝水を入れ替える事は欠かさずにやりました。
あの小さな籾からどんどん葉が伸び、穂が顔を出した時、あまりの美しさと色っぽさに観とれました。時々宝石のように輝いている果物がありますが、稲にも 美しく輝く時間があるんだ、と。
  ハッピーヒルコンクールを企画してくれた石田さん、このコンクールを教えてくれた矢島さん、矢島さんを呼んでくれたビッカフェの堀江さん、 ありがとうございました。
  今年私の周りでは無農薬で栽培を始めた人が何人かいるので(私はこれを岐阜の自然農元年と呼んでいる)頂いたお米はその人達に分けて回ります。
  最後に一言!
  上田の田は田んぼの田ですからー!

 
PB030264.JPG

PB030262.JPG


主催者: 穂の数と、色具合からして上田さんの稲に決定しました。「乾いた土を使い、毎朝水を入れ替える事は欠かさず、、」ということは陸稲に近かったのでしょうか。やはり、ハッピーヒルは水少なめのほうがいいのかなあ。写真の光量が足りませんが、穂がとてもいい色でしたし、根も長いです。かなり苦労されましたが、苦労が実って、稲も実って、賞も貰って、おめでとうございます。

主催する側も石田に今田でした。
posted by 種まく旅人 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

前夜祭と収穫祭・ビデオ報告

まだ、収穫祭後遺症!で、あれは何であったか?なんて、ずーっと考えているうちに、参加した下釜監督がビデオ編集してアップしてくれました。これを見たら、何だかほっとしました。下釜さん、ありがとう。


当日、上映された福島原発被災者のビデオです。
posted by 種まく旅人 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

ハッピーヒルコンクール結果発表

ハッピーヒルコンクールの結果を発表します。

一位 岐阜県 上田さん
二位 福岡県 下釜さん、みつはしさん
三位 福岡県 福岡工業大学学生諸君と森山先生

三位の残った二組は、まだ青い穂のみなさんで競ってもらいます。一ヶ月後の状態で審査したいと思います。

ありがとうございました。収穫祭に参加できなかった上田さんと福岡工業大学へは後日発送します。収穫祭で疲労困憊なので、ちょっと時間をください。また、前夜祭、収穫祭報告も時間をください。周辺のことなどは、ブログ「土と石と」に書きます。

posted by 種まく旅人 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コンクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする