2013年09月29日

福岡正信さんのビデオ 4

約5分後に日本語の解説があります。
posted by 種まく旅人 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡正信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

実際の収量

7月31日に紹介した「福岡正信さんのビデオ 2 自然農法60年の歩み「粘土団子世界の旅」
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/370719649.html  の中で、「一粒(一苗)で50株になり、一穂250粒として10000粒(正確には12500粒)になる」という話があります。

他方「わら一本の革命」の45ページには以下のように書いてあります。

「今年よく出来た田は、一平方メートル当たり十粒撒きで、一株が二十本になり、一穂平均粒数が二百五十粒で玄米総重量が(一反=約1000平方m)なんと1トン(1000kg)になっています。これは自然農法向きの多収品種をつかったからです。」

実際に昨年今年と作ってみると、どうも20株のほうが正しいと思います。ですから、20×250粒=5000粒。一粒が5000粒(倍)になるということです。

万倍にはならないにしても、この増え方は異常なほどの多さで、コシヒカリとか一般的な種籾ならば、だいたい500キロから600キロ収穫できればいいほうなので、倍近い収量をあげることができるわけです。

農家の人にこの違いを話すとみなさんびっくりされます。今年、協力参加してもらっている今田さんはバケツだけでなく、一枚の田んぼにも無農薬ハッピーヒルを育てていますが、その田んぼの成長は素晴らしく、たぶんこの言葉通りの結果が得られると思います。私の田んぼは四枚のうちの一枚だけは理想に近づきそうですが、他は肥料不足で理想の半分くらいだと思います。肥料の問題は来年の課題です。

皆さんのバケツ栽培ではどのくらいになるかといえば、たぶん4〜5本が平均的なところではないかと思います。バケツで20本も可能ですが、よほどいい条件が揃ったときでしょう。みなさんの報告待っています。
posted by 種まく旅人 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡正信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

福岡正信さんの命日

今日はハッピーヒルを作られた福岡 正信(1913年2月2日 - 2008年8月16日)さんの命日だと、矢島さんから連絡がありました。早速福岡さんへの手紙を書きました。

福岡正信さんへ

福岡さん、お元気ですか?今、福岡さんの作られた米「ハッピーヒル」を使わせて頂いてバケツ栽培コンクールをしている最中です。今のところ、多い人で60株くらいになっています。福岡さんはNHKの番組の中で一粒が50株になると言われていましたが、実際にそういうことが起こり驚いています。福岡さんの思想や実際の行動、そしてハッピーヒルの交配等、本当にありがとうございました。大きな遺産を残して逝かれたことを心から感謝します。

しかし、福岡さんが心配された通り「人類はタイムリミットに入っている」というのは現実だと思わされることが日々続いています。食料問題は無論のこと、災害、戦争、放射能、経済等々、すべての分野で大きな問題が起こっています。それを心配しつつも、私個人としてはこの奇跡ともいうべき自然の中で日々楽しくやっています。それしかなす術がありません。このコンクールに参加している人々もバケツの中の大自然を日々楽しんでおられると思います。11月にはハッピーヒル収穫祭を計画しています。そのときにはぜひおいで下さい。ハッピーヒルを食べながら、四方山の話をしましょう。

                 ハッピーヒルを作り食べ広め愛する男より
posted by 種まく旅人 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡正信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

福岡さんとあがたさん

福岡正信さんの秘書をしておられた矢島さんから、あがた森魚と福岡さんの出会いについて書いてこられました。あがた森魚といえば「赤色エレジー」。いつも一番末席にいて、静かにしていた女性が伴奏なしでこの歌を感情込めて歌ったときに、この歌は私の中で忘れがたい歌になりました。その歌を作ったあのあがた森魚が何故、福岡さんとつながるのか?矢島さんからの二通のメールをご覧ください。

矢島さんからのメール 1

あがた森魚が福岡さんに会いたいというので、愛媛の福岡さんのところへあがたさんを案内した時。
ギターをかきならして一、二曲福岡さんのまえで歌ったあがたさんに、傾聴するかに聴いていたかの福岡さんが頭をあげて言った二言三言が、

「あんたは、男や女や・・世の中のことをうたっておるようじゃが・・・
野原の樹や川が(あんたの歌と)いっしょになって踊りだすような歌はうたえんのかね」

あがたさんはいまも自分の小さなソロコンサートで、この福岡さんエピソードを話されたりなどするようです。

矢島さんからのメール 2(何故、あがた&福岡なのか?の問いに)

なぜあがたさんと福岡正信さんなのかは、

あがた森魚さんの母親(戦中は看護師(大陸の従軍看護師)、戦後は産婆として有名)が、桜沢如一の正食(マクロビオティック)運動に関与していたことから、子であるあがたさんも、正食思想をつうじ福岡正信さんを敬愛されていたようです。

あがたさんの父の退職後、あがたさんの両親、弟は土地をさがして屋久島に移住。
弟さんはいまも屋久島で民宿経営をされていますが、このひとは福岡さんの本を読み、当時愛媛に福岡さんを訪ねにいったといいます。

「福岡さんで、弟の人生がかわってしまった」とはあがたさんから聞きました。

役人ながらあがたさんの父親は、生涯の文学青年であり、あがたさんも稲垣足穂を思ってタルホの歌やアルバムつくったり。映画好きであることから、私財を投じ映画もつくってきています。

わたしとあがたさんとの出会いも不思議でしたよ。(できればこれも後日)

様々な赤色エレジー。時間のない方は、最後の流行した時代のものだけでも。1972年。

浜田真理子的赤色エレジー


本田路津子的赤色エレジー


今あがた赤色エレジー


昔あがた赤色エレジー



posted by 種まく旅人 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡正信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

福岡正信さんのビデオ 1 「世界戦略語る」

矢野さんからビデオ紹介を頂きました。
7分6秒のところから遺伝子組み換え作物について語られます。
音声が聞き取りにくいですが、想像たくましくして聞いてください。


他に福岡さん関係のページです。
http://naturalspacetazzy.blog83.fc2.com/blog-entry-445.html
http://naturalspacetazzy.blog83.fc2.com/blog-date-201302.html

11月1日(金)〜4日(月)の間にハッピーヒル収穫祭が行われる可能性が高くなりました。希望される方は、その連休は空けておいてください。詳細は後日報告します。



posted by 種まく旅人 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡正信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする