2017年11月15日

9月27日 上越市(新潟県) 8707ー8708

崎村家を出発して、20キロほど走って休憩後に再び故障。通りかかったトラックの運転手さんに頼んで、バッテリーをつないでもらいました。が、やっぱりバッテリーの問題ではありませんでした。この方に8707番。

その後、レッカー車がやってきて、
6.JPG

再び日産へ。レッカー車の運転手さんに8708番。日産に「2、3日前に三条市の日産で修理したばかりで、、」と事情を話すと、日産の負担でレンタカー(新品セレナ)を貸してくれました。
7.JPG

新車レンタカーに乗って、三条市の中央農業研究センター(農業試験場)に行きました。福島県で出会った長嶺さんが「新潟県に来たら、おいで」と言われていたので伺い、試験場内を見せて頂きました。
長嶺さんと出会った日のブログは以下
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/450732253.html
1.JPG

遺伝子組み換えの研究をしている頃(10、20年前)には加藤登紀子の一団が反対運動にやってきたことがあるとか。遺伝子組み換え研究者の個人名を拡声器で呼びかけるとか、、、相当に激しかったみたいです。
2.JPG

それが功を奏したのか、あるいは日本人には遺伝子組み換えの評判が良くないのか、遺伝子組み換えの研究は下火になったそうです。
3.JPG

夜は、長嶺さんにご馳走になりました。
4.JPG

三種類のお酒を選んで飲める「お酒コース」がありました。日頃は紙パック酒しか飲めない私は、どの酒もうまい、、、。ありがとうございました。
5.JPG

うまい酒を飲みつつ議論はかなりヒートアップ。私は無農薬、無化学肥料、在来種、固定種を支持しますが、農業試験場はそれを研究するところですから、真っ向から対立します。長嶺さんは「もし農薬、化学肥料、F1種がないならば、餓死者を出すであろう、と。現に江戸時代にあったような飢餓で死ぬことは、現在ではあり得ない。」と

こういう意見を初めて聞いて「なるほど」とも思いましたが、そもそも江戸時代の飢饉による飢餓死自体を詳しく知らないので、反論どころか意見も言えませんでした。これは調べねばならないと思いました。


posted by 種まく旅人 at 12:43| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

9月25・26日 長岡市・十日町市(新潟県) 8689ー8711

矢島さん紹介の画家の金山さんを訪ねました。数日後に始まる個展会場で会いました。8689番
1.JPG

金山さんが知り合いの農家に案内してくださいました。まず、元ジャーナリストの阿部さん宅へ。8690番
3.JPG

自宅前の田んぼは稲が倒れていて、これからの稲刈りが大変そうでした。
4.JPG

さらに、車を走らせて金山さんが数年前まで稲つくりを手伝っていた十日町市へ行きました。特別豪雪地帯だそうですが、信じられないのどかさ。
14.JPG

20.JPG

稲木が準備されて、いよいよ稲刈りです。
12.JPG

金山さん紹介の元カメラマンの木暮さんに8691番
6.JPG

近くに住んでいる小川さんに8692番
5.JPG

木暮さんは農業ばかりでなく、茅葺の技術や大工の技術も持っていて、日本各地へ茅葺の仕事で行くそうです。木暮さん手作りの小さな家。
7.JPG

美しい完璧な茅葺屋根。この土地にいると何だか昔の日本に戻ったみたいな気分になります。
8.JPG

9月26日 

朝、散歩に出たら、ヤギさんとご対面。岡山県や島根県でヤギに突進されたことのある五郎八はこれ以上は近づきません。
1.JPG

見合うばかり
3.JPG

野生動物の臭いがするせいか、真剣な眼差しの五郎八
15.JPG

昨晩に続き、朝飯も小さな家で頂きました。風情があって何を食べても飲んでも格別な味。ご馳走様でした。
5.JPG

稲刈りの手伝いのため、移住された方達が集まってこられました。
門脇さん一家に8693番〜8695番
6.JPG

会田さんに8696番
7.JPG

会田さんの奥さんに8698番
9.JPG

10.JPG

山本さんに8697番
8.JPG

作業が始まったので退散して次の訪問地に向かいました。
道を尋ねた方に8699番
11.JPG

木暮さんに紹介された高波さんへ8700番と8701番
12.JPG

同じく関根さん宅へ8702番〜8704番
13.JPG

そば殻で枕を作っているお店があったので8705番を。
14.JPG

この日の夜はヒメサユリのイベント会場で出会った崎村さんを訪ねました。
崎村さん宅の改築した家もいい感じの家でした。偶然にも木暮さんの紹介で見つけた土地家屋だそうです。
21.JPG

20.JPG

18.JPG

崎村さん宅で出会った村上さんに8706番
15.JPG

村上さんの奥さんに8710番
16.JPG

崎村さんの奥さんに8711番
17.JPG

みなさんに種蒔き
3.JPG

崎村さんはホーリーバジルのお茶の生産販売が生業で、「日本中に蒔いてほしい」とバジルの種をたくさん頂きました。以下フェイスブック「まつのやま茶倉」https://www.facebook.com/matsunoyama.cakra/
45のコピー.JPG

崎村さんの結婚式の写真がありました。ありきたりな結婚式場でないところがいいなあ。
19のコピー.JPG

朝のひと時、割り込んできた鶏
4.JPG

翌日、お名残惜しい気持ちでお別れしました。ありがとうございました。
ここに住む移住組のみなさんから異口同音に言われたのが、長〜い(半年間)4、5mも積もる雪国での充実した生活。静かで止まったような時間の中で、生きていることが際立つのでしょうか。金や時間に縛られない脱現代生活ですね。
2.JPG


posted by 種まく旅人 at 10:54| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

9月23日24日 三条市(新潟県) 8569ー8688

三条市のヒメサユリ森林公園でのイベントで種蒔きしました。ほとんど英語のチラシですが、日本人参加率99%!このくらいの英語は通じるようになった日本なんでしょうね。日本語しかわからない人にも伝えたいのは「中浦ヒメサユリ森林公園」と「無料の代わりに、アルコールは持参禁止」
0.jpg

9月23日は遅く到着したので、この3人だけ種蒔きしました。8569番〜8571番
会っていきなり、梨3個頂きました。うまかったです。
1.JPG

2.JPG

3.JPG

9月24日 朝から出かけて夜までに、約120人に種蒔き。このところ種蒔きが少なかったですが、この日一気に挽回しました。8572番〜8688番
7.JPG

8.JPG

9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

映画関係の仕事で来日している右のトルコ女性から、
15.JPG

目のついたバッジを頂きました。「Nazar Boncugu-Evil Eye Bead Toruko kara」と書いてあります。魔除けみたいなものでしょうか?これまでにも旅の間に魔よけやお守りを色々頂いたので、お陰様で「魔」は車の故障程度。他は順調です。ありがとうございます。
15ーー.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG

20.JPG

21.JPG

この方の店で
22.JPG

昼飯
25.JPG

五郎八「小さいのに荷物運びか?」
24.JPG

26.JPG

29.JPG

ブドウ栽培をしているご夫婦からブドウ頂きました。美味でした。
30.JPG

31.JPG

32.JPG

中井貴一に似た植木屋さん。元気のいい方で、話し込みました。また、どこかで再会しましょう。
33.JPG

34.JPG

35.JPG

36.JPG

37.JPG

38.JPG

39.JPG

40.JPG

41.JPG

42.JPG

43.JPG

44.JPG

嶋村さんからバジルのお茶を頂きました。数日後、訪ねることになりました。
45.JPG

46.JPG

木ノ瀬さんから紹介されていた演奏者でもあるがんちゃんこと雁部正章さんにやっと会えました。木ノ瀬さんが「JAH K.S.Kさんと一緒にステージをするドラマー(ジャンベかも)の人です。特大ドレッドヘアーで一見日本人には見えないのが目印!!」とメールにあったので、すぐにわかりました。冬はジャンベ持参でアフリカで過ごすとか。羨ましいなあ。
47.JPG

48.JPG

49.JPG

50.JPG

51.JPG

嶋村さんから聞いてやって来た?さん。最近農業を始めた人で熱い思いが伝わってきました。
53.JPG

触られ屋「五郎八」
54.JPG

夜遅くまで続いていた演奏
56.JPG

57.JPG

58.JPG

あちこちで紹介されていた佐藤さんに最後にやっと会えました。ところが、会って見たら群馬で一度お会いした方でした。顔の広〜い佐藤さん。この日もまめにイベントのチラシ配りを。
59.JPG

もう、終わっていますが、掲載しておきます。もしかすれば、来年度もあるかもです。
100.JPG


100人以上に配るとさすがに疲れました。


posted by 種まく旅人 at 11:19| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

9月23日 三条市(新潟県) 8564ー8568

この日の朝、車が動かなくなり、レッカー車を呼びました。これで何度目でしょうか。
4.JPG

5.JPG

レッカー車の運転手さんに8564番
6.JPG

8565番は不明

日産にて8566番
7.JPG

同じく8567番
9.JPG

同じく8568番
10.JPG

車の故障に関しては当日(9月23・24・25日)に書いた以下のブログに詳しいです。車の問題は人間社会の問題でもあると痛感しました。特に9月24日と25日をお読みください。

http://happyhillcontest.seesaa.net/archives/201709-1.html


posted by 種まく旅人 at 06:36| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

9月22日 新潟市・新発田市(新潟県) 8561ー8563

新潟市内にて
群馬の自然栽培パーティーで出会った塩谷さん(新潟総合スポーツクラブOZ、理事長)に会い、米麦以外の種を差し上げました。来年度、クラブの青少年に話をしてほしいと嬉しい申し出がありました。
1.JPG

2012年12月、「五郎八」を飲んでいるときに、まだ2ヶ月の子犬が来ました。それでこの子犬に五郎八と命名しました。「五郎八」とは新潟の新発田市酒造会社菊水の濁り酒「五郎八」です。
23のコピー.JPG

いつか五郎八の名前発祥の地に行こうと思い、とうとうこの日実現しました。「菊水」取締役の若月さんと社員の方に8561番と8562番
2.JPG

五郎八の散歩に河原に行ったら、畑で農作業中の方がおられて8563番。
0.JPG

河原からの夕日
6-.JPG



posted by 種まく旅人 at 14:37| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

9月20・21日 新潟市(新潟県) 8548ー8560

9月20日、種を郵送するために郵便局に寄りました。局の前の店の方へ8548番〜8550番
1.JPG

封筒の書体を褒めてくれた局の方へ8551番
2.JPG

五郎八の散歩で立ち寄った公園のトイレがユニークでした。
10ー.JPG

こうあります「水洗式でも汲み取り式でもありません。オガクズを使い糞尿を微生物の働きで有効な資源(肥料)としてリサイクル処理します。」
12ー.JPG

蓋を開けて
7ー.JPG

中を覗くと、確かにオガクズがいっぱいでした。ちょっとやりにくいですが、うんこが無駄にならないトイレでした。
8ー.JPG

9月21日 新潟市内にて

コンビニの方へ8553番
2.JPG

おまわりさんへ8554番
3.JPG

この日起こった事件!を詳しく書いたブログ記事があります。以下です。
「今日は新潟市内のコンビニ目が覚めました。」
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/453622288.html
「昨日のコンビニの続き」
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/453647504.html

ガソリンスタンドで8552番
8.JPG

五郎八の散歩に海岸に行きました。珍しい生き物が!
6ー.JPG

近寄ると、周囲にヒラヒラがあり、ちょっとクラゲ風
5ー.JPG

いろいろな場所で散歩する五郎八はテトラポットの穴に落ちることもなく、スイスイ。
7ー.JPG

でも、怖いのは波飛沫とその音。
8ー.JPG

その飛沫と一緒に記念撮影
15ー.JPG

でも、やっぱり気になる
18ー.JPG

浜に戻ると、高校生が四人。「休日でもないのに、どうして浜に?」「・・・・・」「知らないの?種を受け取るためだよ!」
8555番〜8558番。
4.JPG

30年以上原発建設反対をしている山口県の祝島で出会った下手慶さんを6年ぶりに訪ねましたが、すでに実家を出られたとのこと。お母さんに郵送して頂くようにお願いしました。8559番。種が手渡ったら、メールください。daiki8822@yahoo.co.jp
9.JPG

群馬で出会った塩谷さんの事務所で8560番。
7.JPG





posted by 種まく旅人 at 09:23| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

9月19日 東蒲原郡(新潟県) 8545ー8547

福島県と新潟県の県境の辺りの河原で五郎八の散歩をしました。五郎八には新しい首巻きをしてやりました。ダンデイ五郎八!
2ー.JPG

5ー.JPG

8ー.JPG

そこへ稲刈り中のおじいさんがやって来たので8545番。
0.JPG

さらに、車を走らせて新潟県新発田市に行こうと思ったら「この道からは新発田市に行けません」の表示が道路にありました。道を尋ねるために、駐車しようとしたら、「将軍杉」の表示が目に入り、二人連れが将軍杉の方からやって来ました。
2.jpg

二人とも旅行者で道を訊いてもわかりませんでしたが、雰囲気から「この人たちに種を!」と直感し、米麦の種とともに、種の箱を開けて、いろいろな種を差し上げました。8546番と8547番。
1.JPG

二人とも意外な人間の登場にビックリだったかもしれませんが、僕もびっくりさせられました。タオルで何やら始めました。
2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

象の出来上がり!
6.JPG

さらに、熊を作ってくださいました。「平和の使者シロクマ君」と名付け、いつも車の前面に鎮座しています。
11.JPG

このお二人は私のある提案に、即刻大賛成の意思表示をしてくださった最初の方たちでした。そのことは以下に書いているので、読んでください。
「クリック一つで平和な世界に」
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/454308939.html

この方は及川丈夫という方でした。ネットで検索すると以下のような記事が出ていました。

検索1
1960年宮城県仙台市生まれ。1988年自宅を開放して「こびとの森保育園」を開園。子どもたちとの遊びの中で、タオルと輪ゴムで作るタオル人形を思いつく。2003年3月20日イラク戦争勃発時に、難民支援活動として、「タオル人形を救援物資として送る会」を設立。3男5女の我が子と、孫2人の子宝に恵まれ、「タオル人形教室」やタオル人形の講師活動・展示会など各種イベントで活躍中

検索2
仙台在住の及川氏と昨夜連絡が取れた。彼自身も20日まで避難生活をしていたようです。が、早速、今朝から徒歩で六郷を皮切りに八戸市まで徒歩で各地の避難所を回りながら、子供たちとタオル人形を作る癒しの旅をするようだ。元来、彼とはボランテイアで使うタオルの応援で知り合った関係だけど、頭が下がる思い。八戸の後は福島原発で避難生活を続ける各所を回る予定です。

検索3
RQのタオルおじさんこと、タオル人形作家のおいちゃんで〜す♪ 3.11の震災以降、タオルと輪ゴムで作るタオル人形を、津波の被災地の方々や、ボランティアに来てくれた人たち・・・のべ、15000人以上に癒しとして・・・コミュニケーションツールとして広め、活動を続けています。

コアラの作り方がYouTubeに出ていました。意外と難しい!これはプロフェッショナルな技です!

及川さんのフェイスブックは以下
https://www.facebook.com/takeo.oikawa

そのあとに、種にまつわる不思議なことが起こりました。私は二人との出会いに多少興奮気味に別れをいい、私はお腹が空いたので食堂を探して食事をし、新発田市への道を訊いて、さて出発しようと思いました。すると、行く方向とは別な方向に、再び「将軍杉」の表示が見えました。「せっかく近くに来たことだし、日本一大きい杉の木を見て行こうか」と再び二人と出会った駐車場まで引き返しました。すると、種の箱がポツンと置いてあったのです。置いてあったというより、まるでそこで待っていたかのような意思ある存在感でした!
10.JPG

私は話に夢中になり、すっかり種のことを忘れて、置き去りにしていたのです。種の箱が「何で、置いて行ったんだ!」と言っているように感じました。しかも、それがゴミ収集場所でした。私がその場所に置いたのか、誰かがゴミと思って、数m移動させたのわかりません。もし、新発田市に向かったとして、誰かに種を提供するまで気づかなかったでしょう。それは三日後の新潟市になります。その時にはすでにここにはなく、焼却場で灰になっていたでしょう。種の意思を感じざるを得ませんでした。しかも、気づかせてくれるきっかけになったのが「将軍杉」という植物であることも象徴的でした。お二人との出会いも将軍杉!

11.JPG
将軍杉様、ありがとうございました。


posted by 種まく旅人 at 18:20| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

9月18日 米沢市(山形県)喜多方市・西会津(福島県) 8530ー8539 ダブルトリプル ミラクル day

この日はこの「ナスの瓶詰め」を自作するために動き始めました。これは昨日ご馳走になった「田忠」という家庭料理屋さんで頂きましたが、あまりに美味かったので、自分で作ってみようと思ったのです。まず、持っているナスを洗わねばなりませんし、やり方がわかりません。それで「道の駅」に行くことにしました。幸い、近くに道の駅「なごみの郷」がありました。
0.JPG

道の駅「なごみの郷」で目にしたのが、まずこれでした。昨日のブログで紹介した小嶋さんの話を思い出しました。「この辺では草木に感謝して石塔を建てる」という話を。確かにありました。でっかい草木塔。
3.JPG

草木塔の前にはこうあります。「草木は人間の生活に欠かせないものであり、大きな恵みを受けています。先人は、それに感謝し、草木の成仏と成長を願って草木塔を建立しました」
8.JPG

私は2010年から栽培を体験するまで、自然の対する感謝どころか意識することさえほとんどありませんでした。それが栽培をきっかけにして意識が変わり、今ではこの草木塔を建てた人たちの気持ちがよく理解できます。この石塔の存在を小嶋さんから聞いた時に、自然を愛する本来の日本人らしさに感心しました。日本ならではの石塔だと思います。自然からドンドン乖離して行く現代日本人に、是非ともこういうものの存在を知ってほしいと思います。この石塔によれば、山形県田沢地区が発祥(1780年)の地だそうです。他の県では見たことも、聞いたこともありませんでした。ウイキペディアによれば、日本国内に160期基以上が確認され、そのうち9割ほどが山形県内。
7.JPG

五郎八と散歩していたら、ご夫婦に声をかけて頂き8530番と8531番を。
1.JPG

さらに、知らない人から声をかけて頂いたのですが、すでに私のことをご存知の様子。実は数日前にライブストリームを行った「スタジオ八百萬」に関係した方で株式会社MOINの伊藤さんでした。これも奇遇な出会い。伊藤さんは蕎麦を食べに来られてました。8537番
3.JPG

トウモロコシ「ガラスの宝石」の種を頂きました。ありがとうございました。どうして持っておられたのかなあ、不思議!
4.JPG

さらに、ブドウの差し入れも、ありがとうございました。
5.JPG

さて、例のナスの漬物ですが、ナスは洗ったものの、どうして作ればいいのか?道の駅に行けば、誰かが知っているだろうと思ったのです。休日だったので、人はたくさんいましたが、年配の方が知っているだろうと、この4人組に声をかけました。生憎、福島県の方達で、全くご存知ありません。ところが、種を渡して植物四方山話をしているうちに、左から2番目の方が、右側の女性の旦那はすごい人だ!と話し始めたのです。どうも栽培のスペシャリストのようでした。種蒔く旅人としては外せない人だと直感し「訪ねたいなあ」と思いましたが、道の駅で会ったばかりの人間に「さあ、どうぞ」という人はいません。図々しく「行きたい」とも言えず、、、8532番〜8535番
2.JPG

ところが、御夫人方が「これからどこへ行くのか?」と訊かれたので「喜多方市の食工房というパン屋さんへ」と答えると「ああ、知ってる。時々買いに行く」と。それならば、食工房へ行きさえすれば、もしかしてこの方の家がわかるかもしれないと期待しました。

食工房へ着き、待望の美味しいパンを手に入れ、4人連れの写真を見せて「この方達知ってますか?この右の方の旦那はすごい人だと聞きましたが、、、、」「あ、知ってる。小川さん。変わった人。僕たちは小川さんの紹介でここに住むことになったんだ。西会津に行けば、知らない人はいないよ。行ってみたら」

「変わった人」「変人」農業の世界でこれは褒め言葉です。慣行農法には見向きもせず、ひたすら信ずる道を行く人、安全農法一筋の人、、、そういう人だけに与えられる名誉あるあだ名「変人」会わずにはいられません。
22.JPG

西会津に向かいつつ(再び会津にやって来たなあ、、、、)と過去の思い出に浸っていたら、会津の岡島さん(群馬の自然栽培パーティーで手渡し)からメールで「知人にも種をあげたい」と連絡をもらったことを思い出しました。もしかして近くならば、再会して、その後に頂いた他の種も差し上げようと思い立ち、電話をしてみました。

「西会津で農業している人ですごく変わった人のところへ行くんですが、もし時間があれば会いませんか?たくさん種がありますから」というと、「その変わった方って、小川さんじゃないですか?」「え、何でしっているんですか?」「私その人から土地を借りて、栽培しているんです」

二重にも三重にも偶然が重なっていました。不思議を通り越していました。岡島さんと待ち合わせて、種を披露しました。四方山の話をしてから、岡島さんが案内してくれるというので、ついて行きました。
9.JPG

そして、とうとう小川さんに会うことができました。小川さん不在の可能性もあったわけですから、この点でも全てがうまく行きました。小川さんは元農業試験場職員。定年後はカザフスタンへ農業指導のボランテイアに行かれ、今は無農薬のメロン栽培(奇跡のリンゴならぬ、奇跡のメロン!)などを研究しておられました。8536番
10.JPG

お嬢さんもおられて8538番
11.JPG

オランダ人の旦那さんに8539番
13.JPG

遅かったので、あまりお話しもできませんでしたが、トマト、メロン、食用ほうずき、黒ナスなど、色々な種を頂きましたが、これは「パッチーニ」です。パティッソンというカザフスタンのピクルス用かぼちゃと日本のズッキーニが自然交配したものです。長い時間をかけて固定種になったので、その中にはF1もあったかもしれないということでした。メンデルの法則により、次世代は全く同じものにならないそうです。すでにこの種を差し上げた方も多いですが、「これだけがF1です」と説明しましたが、正確に言えば、これが固定種になる過程の中でF1もあったということです。訂正します。
16.JPG

この日の夜はお嬢さん夫妻が住んでいる廃校を改築した広い家屋に行きました。
15.JPG

内装は全く西洋風に改装され、日本の田舎にいることを忘れるような空間でした。ご夫婦の手料理でもてなして頂きました。ありがとうございました。
14のコピー.JPG

お嬢さん(美農里さん)のホームページは以下です。個性的なお父さんのことも出て来て、過去から現在までの興味深い話。三重県訪問の際に紹介した愛農学園の卒業生でもありました。
http://www.danavillage.com/jp/blog/

ちなみに、ナスの瓶漬けレシピを道の駅で頂きました。以下です。私は結局材料を揃える時間もなく、面倒だったので同じ液体の中にナスを付け足しました。それでも結構美味かったです。この日の出会いはこのナスの瓶詰めが生み出した奇跡の数々でした。
6.JPG


posted by 種まく旅人 at 17:52| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

9月16日 米沢市(山形県) 8519ー8529・8541−8543

車を修理して頂いた修理工場へお礼と修理費用を払いに伺いました。
修理工の方へ8519番
3.JPG

修理工場の経営者の方へ8520番
4.JPG

修理工場に訪れた方に8541番(続き番号になっていません。慌てると、よくやります。)
5.JPG

秋ですね。
6.JPG

遠藤さんがお勤めのお店「鷹山堂」にて8521番・8542・43番。
7.JPG

久しぶりに大好きなワッフルを頂きました。
8.JPG

進藤さんから紹介のあった方の所へ8522番〜8525番。
9.JPG

花のタネを頂きました。ありがとうございました。
15.JPG

真室川町で出会った小島さんとお父さんを交えて家庭料理の店「田忠(たなちゅう)」で食事しました。ご馳走様でした。お父さんに8526番。
10.JPG

このお店の方へ8527番と8528番。心のこもった家庭料理、美味しかったです。
11.JPG

12.JPG

ここで頂いたナスの漬物が旅のシナリオを作りました。
14.JPG

小島さんの「カフェでも行きましょう」という言葉に誘われて行った先で8529番。ここでシンクロ現象が!支払いをした後にタネを渡そうにしたら、びっくりした様子で「今、知り合いのフェイスブックを見ていたら、種蒔く旅人さんのことが出ていました」と。この方が見たフェイスブックとは昨日出会った8511番のラーメン店をしているリョウコさんでした。リョウコさんは手相占い師でもあり、この店で時々占いをしているとか。そういう場所を選んでいくとは?小島さんとの行動は本当に不思議です。
13.JPG


posted by 種まく旅人 at 07:32| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

9月15日 米沢市(山形県) 8506ー8518

朝、五郎八と内和家周辺を散歩しました。心地よい田園地帯。
1.JPG

内和家に帰ると、近所のパグ犬が来てました。
2.JPG

五郎八「随分、下の方にある尻だなあ」
6.JPG

パグ「俺は足しか嗅げないのか、、」
9.JPG

笑っているような、ないような、、、
11.JPG

この日も米沢市内を案内してくださる人がいました。昨日の遠藤さんの旦那さんです。二日間に渡り、ご夫婦で協力してもらいました。ありがとうございました。おかげで、道に迷わずにすみました。遠藤さんに8506番。
2.JPG

この日の最初の訪問地は矢島さん紹介の「山形ちば吉」さんの畑へ。ちば吉さんと手伝いの女性ジュンさんに8507番と8508番。
3.JPG

軽トラの上で種を披露。
4.JPG

ちば吉さんからもソバ(出羽あかり)の種をはじめとして、たくさんの種類を頂きました。
5.JPG

これは小麦のファッロ。初めて聞く名前だったので、調べてみました。以下
「なかでも、注目を浴びているのが「古代小麦」である。人工的な手がほとんど加わっていない小麦の原種で、胃腸へ負担軽減や小麦アレルギーになりにくいメリットがあるという。代表的な古代小麦がファッロ(スペルト小麦)で、ニューヨークの食料品店ではすでに定番商品となっている。ファッロは一般の小麦とほとんど味は変わらないが、香ばしい風味とモチモチとした噛みごたえのある食感がクセになる。リゾットにしたり、茹でてスープの具にしたりサラダにトッピングすると美味しくいただける。」
PB032890 2.JPG

畑を見せてもらいました。
6.JPG

驚いたのはこれです。キャベツの種を蒔いた畑ですが、種蒔きの時にジュンさんが「やさしい気持ちで、優しい言葉」をかけたものがこれ。
7.JPG

これは同じキャベツの種をちば吉さんが「卑しい気持ちで、卑しい言葉」をかけたもの。発芽の数も、成長具合も全く違います。先日の須貝さんの例と同じような結果です。
8.JPG

「山形ちば吉」さんのサイトは以下です。
http://tibakichi.com

遠藤さんにお昼をご馳走になりました。米沢牛、美味しかった!
9.JPG

午後は「スタジオ八百萬」へ
代表の山田さんに8509番
10.JPG

トウモロコシの種頂きました。
13.JPG

マッキー菜園の江本さんに8510番
11.JPG

ラーメン屋さんリョウコさんに8511番
12.JPG

月一のライブストリーム担当のユリさんに8512番
14.JPG

同じくライブストリームの裏方担当の菅野さんに8513番
15.JPG

この日、急遽「種まく旅人」のライブストリームをすることになりました。左から山形ちば吉さん、種蒔夫、第十四代中川吉右衛門さん、ユリさん。48分間の楽しい会話です。ぜひ、ご覧ください。


終了してから、飲み会に行きました。
16.JPG

お店のおばさんに8518番
1.JPG

ライブストリーム撮影前に山形大学の工学部の進藤先生の自宅を訪ねました。写真を撮ったはずなのに、どこかに紛失しました。古い家屋内での楽しい家族写真でした。見つけ次第掲載します。進藤さんご一家に8513番〜8516番

二日間お世話になった遠藤夫妻から、差し入れして頂きました。手作りの梅干し、ふりかけ、味噌などなど。
17.JPG

特にこの餅はうまかったです。水につけた後に、火にかけるとヤワヤワのモチモチ!
18.JPG

チーズに海苔!実は遠藤さんは海苔会社経営です。久しぶりに海苔三昧でした。ありがとうございました。
19.JPG


posted by 種まく旅人 at 15:20| Comment(0) | 種受取人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする