2017年06月10日

松平さんより栽培報告 2

松平さんより、栽培報告が来ました。以下です。

種 蒔夫様

おはようございます。
バケツ稲は、順調にスクスク育っています。

真ん中のバケツで育っているのが、ハッピーヒルです。
向かって右が、JAからもらった籾から育ったコシヒカリ。
向かって左が、うちで3代目になるつや姫。
IMG_1338.JPG

ペットボトルに植わっているハンデがあるとは思いますが、比べてみるとハッピーヒルの穂(葉っぱ?)が大きいのと深緑色の濃さに気づきます。

まだまだ花が咲くのも先の話ですが今後の成長が楽しみです。

またご報告いたします。

松平

種蒔夫:ありがとうございました。確かに容器の大きさの違いがありますが、これから先、左右の「コシヒカリ」と「つや姫」が成長したとしても、ハッピーヒルの成長にはかなわないでしょう。私が最初に栽培したときにも、馬鹿にして見ていた周囲の農家の人が「これ、何?」って訊いて来ました。慣行農法をしている人には見たこともない異様な稲(茎が大きくて丈夫な上に、穂が垂れず、穂がたくさん!)だったのです。しかも玄米にして食べれば、他のコメより美味しいとコンクールで証明されました。自信持って、育ててください。他のみなさんもこんな感じで育てますので、参考にしてください。

玄米による味比べに関する記事は以下
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/430161128.html


posted by 種まく旅人 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

恵さんからの報告

4月23日の「アースデイ群馬inまえばし」で種をお渡しした恵さんから栽培報告です。以下、転載します。

かつて福岡正信さんとその活動をTV番組で知り、感激と衝撃を受けました。
まさか、自分の手元にご縁のある種が届くとは。。。!!

4月30日、種蒔きならぬ浸水式決行。
その「記念入金」行って来ました。(5月1日付)
わずかですが、旅のお役にたちますように。。
DVC00090.jpg

 人生初の米づくり(話大き過ぎですね(#^.^#))。
うまく育てられますように・・・。
この種を活かせますように・・・。
わくわくどきどき、です。

5月14日田植え?
目指してます。「土確保」がたいへんで。
水耕栽培早く脱しないとと思いつつ、ごめんね待っててと。

貴重な種・米づくり、その他諸々考えさせられて、います。

 ごめんね、待っててね。と謝りつつ、水耕栽培状態。
も少し私が落ち着いてから、始めた方が良かったのでは?。
すくすく育つ苗?に、焦るばかりです。
14日に植える、しかないと決め、土確保に苦戦中です。

苗はどんどん大きくなり、現在5センチ位。
それ以上に、根の育ちに驚く。
添付写真は、一番根張りの旺盛な苗。
種が2つくっついて育っていたので、そのまま見守った、双子?。
根が10センチ弱では?
苗はもちろんですが、根の育ちの凄さを見ると、畏敬の念とか畏怖とかの言葉が浮かびます。 恵
DVC00101.jpg

(転載終わり)

種蒔夫:小さい世界のことなのに、初めての稲の発芽は緊張しますよね。私も初めての米つくりは緊張しつつ、その変化に歓喜してました。これからさらにどんどん成長します。あんなに小さなタネだったのが信じられないほどに。まあ、どんな生物も同じでしょうけど、成長とは神秘的で驚異的です。
記念入金ありがとうございました。



posted by 種まく旅人 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

松平さんからの報告

松平さんから栽培報告がありました。以下

種 蒔夫  様

おはようございます。

突然のメールで失礼します。

種子法廃止に反対する院内集会で、

ハッピーヒルの種もみをいただいた

5,652人目の松平と申します。

今朝、バケツへの田植えが終わりましたので

ご報告させていただきます。

朝日が眩しい為、硬い表情で写っていますが

内心はウキウキです(笑)


今後も、成長の様子を報告できるように

見守っていきます。

種蒔夫さんには、健康に留意されて

種を蒔く旅を続けてください。

今日もいい出会いがありますように。

松平信治

写真1.jpg

種蒔夫:報告ありがとうございます。順調な成長ですね。これからも成長記録をお願います。

衆議院会館での種蒔き記録は以下
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/448603461.html

posted by 種まく旅人 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

うれしいニュース

昨日、種蒔夫としては嬉しいニュースがありました。

昨年10月7日に島根県江津市にある愛真高校の教頭先生に種を渡しました。2861番〜2925番の65人分。当日の様子は以下のページへ。
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/428860792.html

どうなったのか、その様子を見に行きました。65人分はすべて生徒さんや先生達に手渡ったと聞き、ほっとしました。外に農業の実習中の生徒さん達がいたので、自己紹介して写真を撮らせて頂きました。
3.JPG

一人の女生徒が近づいて来て「みんなが貰った小麦の種を集めて、畑に撒きました」というので、早速見に行きました。風に押され気味の麦もありましたが、順調に育っていました。6月の収穫が楽しみです。さらに増やして、パンなり、うどんなりを食べる日が来ることを祈っています。
2.JPG

旅の途中で頂いた数種類の種を、学校を代表してこの生徒さんに送ります。興味があれば育ててみてください。

普通高校なのに、こうして自然に親しむ時間を持っている愛真高校は本当に素晴らしい学校だと思います。農業や栽培、あるいは自然そのものは、これからさらに見直される大事なことになると思います。学生時代にこういう経験をしたことは何らかの形で必ず生きてくるでしょう。この貴重な体験を十分堪能してください。旅の中で、愛真高校の卒業生や姉妹校である三重県の愛農学園の卒業生と出会うことがありますが、みなさん素晴らしい人ばかりです。みなさんの卒業後も楽しみにしています。


posted by 種まく旅人 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

2391番の方よりの報告

8月19日に御岳山でお渡しした方からメールが来ました。短い文章ですが、こういう方がおられるので、種を蒔いていくことの大切さを改めて感じています。2391番さん、ありがとうございました。以下、転載します。

私は、2015年8月に長野県木曽町で2391番目にこの袋を頂いた者です。この袋を頂いて、お米などを大切に思うようになりました。本当にありがとうございます。
2391.jpg


その日の様子は以下です。
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/424649375.html

いつも思うことは、種を蒔かれたそれぞれの方がその種をどうしたのか、どう感じたのか、考えたのかということです。それが捨てられたとしても、大事に育てられたとしても、それぞれの捉え方があり、それがそれぞれその生き様を反映しているのであり、それが一つ一つのドラマを生んでおり、それを想像する日々です。



posted by 種まく旅人 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

竹内多美子さんからの報告・12月21日

竹内多美子1221.jpg

先日収穫出来た少しのハッピーヒルをお粥にしていただきました。

大さじ1杯分でした。

折角なので、いつも食べている新潟コシヒカリの古米もお粥にして味比べしました。

ハッピーヒルは玄米ですが、コシヒカリの方は3分突きです。
色の濃いのがハッピーヒルです。

味の違いはそうありませんでした。

コシヒカリの方が粘り気がありました。

今回は味よりも、こうして食べることが出来たことに感動でした。

ありがとうございます。

竹内多美子

種蒔く旅人:毎回報告ありがとうございます。左がハッピーヒルですね。玄米なので、色も濃いし、美味しそうに見えませんが、白米にしたら違うと思います。たくさん収穫できないので、精米別の味比べができないのが残念ですね。来年はバケツを増やして、たくさん作られたらいかがでしょうか。種蒔きから、栽培、収穫、脱穀、精米、そして食にまで、すべて経験されたこと自体が他のことでは味わえない貴重なことだったと思います。私がこういう活動をしているのも、そういう経験が場合によっては人生観を変えるほど、少なくとも食に対する姿勢や自然に対する見方を変える最も有効な方法だと思ったからです。それが少しでも理解して頂ければ、本望です。ありがとうございました。



posted by 種まく旅人 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

竹内多美子さんからの報告

竹内さんから、脱穀の報告が来ました。

今朝、脱穀しました。来年の種まき用を少し残してもみわけしたら、青いお米がかなりありました。成長不良ですかね?種まき用を残そうと思ったのに忘れていて、籾分けを始めてから気づいて、慌てて拾いました。芽が出ると良いのですが・・・
1.jpg

2.jpg

茶碗を使って脱穀し、
3.jpg

軟式ボールとザルで籾分けしました。
4.jpg

実の付いていない穂が多かったです。穂は全部で12本でした。
5.jpg

貴重な機会を頂き本当にありがとうございます。
来年4月に蒔こうと思いますが、頂いた種を従姉妹や友達にあげようと思っています。

竹内多美子

種蒔く旅人:いろいろ工夫されましたね。今年の島根の米を旅先に送ってもらいましたが、青い穂が多くて、芽出し実験をしましたが、なかなか出ません。同じ日に水に入れた去年の種籾の方が先に芽が出ています。青い種籾は期待薄です。再度育てるならば、できるだけ穂が黄色くなったものを選んでください。しかし、玄米にしたものはきれいなお米だと思います。これだけできれば、大きな田んぼは無理かもしれませんが、小さな田んぼならばできるかもしれませんね。

posted by 種まく旅人 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

大尾さん(1281番)より、収穫報告

ご無沙汰しています。
お元気ですか。
熊野でお米をいただいて、半年ほど経ちましたが、初めてベランダでバケツ栽培しました。
最初、稲の栽培は簡単なものだと思っていましたが、意外と手間がかかることが分かりました。
水の加減、苗の植え替え、日当たりなど結構気を使いました。
結果は惨憺たるもので、しっかり穂をつけたのは10本ほど。
先日は新嘗祭でしたが、ひとりで稲刈りの儀式を行いました。
今回収穫した米は来年また田植えしたいと考えています。
この貴重な体験の機会を与えていただいたことに感謝しています。
ありがとうございました。大尾
IMG_20151125_143854 のコピー.jpg

種蒔く旅人:報告ありがとうございました。2013年にバケツ稲栽培コンクールをした際に、稲の葉は異常に繁茂してさぞかし大収穫かと思ったら、種が一粒も実らなかった例がありました。それに比べれば収穫は多くはなくても、粒は一粒ずつ結構しっかりとしてますし、来年につながるのが何よりです。次回は近くの水田(できれば無農薬の)の土を貰えばどうでしょうか。農家のように毎年使えるんじゃないかと思います。

現在、3659人に配りましたが、他のみなさんの種がどうなっているか、気になります。手にした人の自由で育てる義務はありませんが、例えば冷蔵庫の野菜室にあるのか、捨てられたのか、他の人に渡ったのか、実際に育てられて収穫されたのか、神棚にあるのか、盗まれたとか(まさか!)、ご飯といっしょに食べられたとか、捨てた場所から芽が出たとか、忘れられてずっとポケットの中にあるとか、、、それぞれの種の人生(種生)を生きているんでしょう。1万枚までにさらに2年はかかりそうなので、渡した人を再び訪ねることもあるでしょうから、その後種がどうなったのかを報告しようと思います。といっても、あわてて蒔かなくてもいいです。逆の立場で私が種を渡されたとしても、10年前なら、「へえー、そんな人がいるんだ!」とちょっとびっくりして、一応手紙を読んで、面倒だから土にそのまま蒔くくらいかなと思います。あるいは、数日で忘れ去るか。5年前なら、ちょうどトマト等を育て始めていたので、試しにバケツ栽培した可能性があります。それぞれの立場でそれぞれの反応があるのだと思います。

私が手にしたハッピーヒルはどういう経緯で、福岡正信さんのところから私のところに来たのかがほぼわかりました。福岡さんから私の間には三人の人が関わり、福岡さん(愛媛)→米澤さん(大分)→村本さん(舞鶴)→佐々木さん(岡山)→石田(島根)という経緯でした。佐々木さんを訪ね、そこから村本さんがわかり訪ね、そこから米澤さんがわかりました。熊本でそのことを話した方(澤田さん)が、「もしかして知人の米澤さんかもしれない」ということで、連絡をとってもらったら、果たして当人(お亡くなりになっていて、その奥さん)だったのです。住所も電話番号もわからない人だったので、意外に早く判明してびっくりしました。福岡さんから私のところに来るまでに30年くらい掛かっています。つまり30回くらいは栽培されたということです。再度、大分に行った際にはぜひ訪ね、報告したいと思います。

佐々木さんを訪ねた日はhttp://happyhillcontest.seesaa.net/article/422666895.html
村本さんを訪ねた日はhttp://happyhillcontest.seesaa.net/article/423857920.html
posted by 種まく旅人 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

姉の家の稲

順番では9月19日の知阜集会について書くことになりますが、まだ参加者のアンケートが4分の1で、まとまらないので後回しにして、稲報告します。

先日寄った姉の家の稲です。10個のバケツ稲はどれも成長していました。土の混ぜ方により、成長は様々です。種が一個でも9個の穂が出たものもあれば、5個の種で5個の穂のものもあり、種の数と穂の数は正比例しませんでした。
1−.JPG

2.JPG

こんなにたくさん実ったものもありますが、大小様々です。
14.JPG

穂数は少ないですが、すべてが大きな穂もありました。和歌山県熊野本宮大斎原真下の田んぼの土を頂き、育てました。熊野本宮というより、田んぼの土はいいのでしょう。
13.JPG

土に植えたものもあります。陸稲です。寂しい稲です。
10.JPG

穂も5、6cmくらいです。陸稲は難しいです。
11.JPG

葉の先にてんとう虫がいました。
9.JPG

こういう巻いた葉は気をつけて下さい。
16.JPG

開くと、芋虫が入っていたりします。てんとう虫???たぶん、違うと思います。
17.JPG

1本だけコシヒカリが混ざっていました。穂の形がこのように異なります。
19.JPG

バケツには下のような土を混ぜていました。他は水以外何も入れませんでした。良い方法というわけではありませんが、だれでも出来る方法として。
20.JPG

21.JPG

22.JPG

23.JPG
posted by 種まく旅人 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

宮本さんから報国

9月19日に宮本さんからハッピーヒルの花が咲いた連絡がきました。
宮本稲.jpg

どんな育て方をしたかを訊いたところ、以下のような答えでした。

土は野菜用の売られている土で水を張らないで植木鉢で育てました。
最近聞いたのですが、一宮で農家をされているかたが、大きなバケツならまだ良いけど、小さいバケツは水の温度が上がるからだめと言われました。 

肥料は石田さんからいただいた液肥をたまにやっています。
あとは、元気に大きくなれ!と声かけと、愛情の水やりです(笑)

注:液肥は加藤さんから頂いたもので、EM菌とヌカを混ぜて、寝かせたものです。

posted by 種まく旅人 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする