2017年10月12日

恵さんから栽培報告

新潟、富山と旅していると、稲刈りがどんどん進んでいます。バケツ稲栽培の方達も稲刈りを終えられたでしょうか?今日は群馬の恵さんからの報告です。

DVC00160.jpg

securedownload.jpg

「ハッピーヒルの穂」は、
どっしり丸太いく、ガマの穂のよう。(*゜Q゜*)
 
粒の先はアンテナ?のようにピンと出ていて、麦のよう。(?_?)
 
漠然と思い描く稲とは、何か違うような?
これから、どうなるの?
 
我家は非農家。これまでの親類縁者には米作りをしている方が居ませんでしたから、稲を間近でじっくりと見たこともありません。
 
困った時・悩んだ時、私の知りたいハッピーヒル情報は、なかなか知ることが出来ませんでした。本・ネット等、探し方が上手くないこともあるでしょうけれど。
 
これまで大勢、幸運な方が、ハッビーヒルの種を受け取られている。
何処かに、(順調・成功例ではない)私の知りたいことがあるはずなのに‥。
 
ですが、さすがハッピーヒル!福岡先生ありがとう。
m(_ _)m
とってもフレンドリーで気難しくなくて。
多分、放っておいても大丈夫なのかも。
私の滅茶苦茶な「大きなお世話」・知らぬが仏的な?、知っていたらとても出来ないようなことの数々も受けとめるしかないうえで、
 
それでも、穂が出てくれてまだまだ育っています。今も育っていていいのかな?

DVC00161.jpg

地植えクン3兄弟。10月3日朝。
穂が出来てから、グッと成長し背丈が伸びて驚いた。元々おチビさん達だったので、違いがよく分かる。

よ〜し、もうひと踏ん張りだ、陽に当たるぞ〜ってことでしょうか?

ここは、風の通り道で、「風害」か、葉が折れちゃっていますが、負けてないです。
今朝も、風に揺れていましたが、なんだかユラユラ楽しそうにも見える。

DVC00157.jpg

地植えクン3兄弟、9月13日。

えこひいきしたくなる、小ささです。
お日様に当たれないって、大変なこと。
かんばれ〜。

securedownload.jpeg

穂・特に下の方が、何故白く抜けるのかな?病気?と思っていました。
そうしたら、途中部分的に無い穂がありました。(写真一番手前の穂)
一番下に2粒程あり、その上はかなり歯抜けて白く見えています。

これは「スズメ被害」でしょうか?

編み目は小さいけれど、これじゃアタックされたら盗られるよと言われました。
も少し早く教えてよ〜。
難しくて、時間ばかりかかって、上手いこと出来なくて。
本当に私って頭がワルイ、手が鈍い、あぁもうやだ、どうすればいいの?。
という具合の網かけでした。結局スズメ除けの網かけが、ポンコツで”食べ放題”だったようです。

遅い帰宅後、(こうかな?ああかな?)夜な夜な修正しています。
怪しすぎだけど、時間が無いのだもの。。

スズメ、本当にずっと見かけなかったのに。。。
(但し、平日に昼間は仕事に行っているから、見張れない。)
始めの頃はスチ箱に止まって中の水飲んだりしてたけど。
いつ、どうやって、盗ったのよ。

先日、網かけを大々的に直しました。
すると、何故かスズメの鳴き声が聞こえる、、、
もしかして、いつもこっそり見ていたのだろうか。

「少ししかないから、盗らないでよね!。他所のたくさんある田んぼでもらってよ。」
言ったことわかってくれるといいのだけど。

昨晩夜中は、地植えの所を修正しましたが、さて明るくなって見たらどうなっているか。
農家さんの田んぼで見た、カラス似せの黒いビニール袋買って来ようかと思います。
それも、人に説明されて納得した事です。(あの黒いのは何?)

情けなくて、残念な恵です。

DVC00165.jpg

おはようございます。

PCからの送信に不安があり、今朝激写したものを送信させてください。

右の方、粒色濃くてごついのがそれです。下の方にいくと、「隙間」更にその下「小粒」が見えます。
かなり、食われとります(怒)。のんきで・間の抜けた世話人に、スズメ大喜び、という感じですね。

本当にアッという間。季節の移ろいと共に、穂が色づき頭を垂れました。
慌てて、今朝(10月5日)、バケツの水を抜きました。
え〜っ今頃?ですかね。「腐るぞ。」と知人に言われ慌てました(☆_☆)

どうやって?
防鳥の網掛けが、微妙であまり触ると崩れてしまいそうで、バケツを動かすことは出来ず。
(どんな仕掛けだよ(>_<)。)
網の下の方をそ〜っと上げて、半分位に切った2Lの柔らかめペットボトルで、取り出す、を繰り返しました。
見た目以上に水がある!。土面がボコボコしている為なかなか上手く出来ず。
※ボコボコなのは、水やりが原因と思う。特に網掛け後が困難で、網の穴にペットボトルの口をあて、かなりの高さから水を落とす感じになり、へこんだと思う。今思えば、ホースリールの出し入れを面倒がらず丁寧にすべきでした。なんたる横着者。

何事も後手後手です。
しかも肝腎なところが抜けている。
でも、楽しいです。(⌒‐⌒)

DVC00168.jpg

10月5日今朝の南側全景です。
ほんとうに、アッという間、頭を垂れました。
黄金色、とってもいい色です。

よく見たら、けっこうどの穂も下の方食われとりました。
((/_;)/)

DVC00164.jpg

東側・地植えの隣のバケツの、スラッと3兄弟です。

陽当たり悪く・風通りの良過ぎるところの為、良い環境ではなかったのに、
すくすく元気にしっかり育ってくれました。しかもどの子も同じようで、細いけど器量よしの三つ子です。
全体として見ても、この子達が一番健康そうです。

南側はほぼ全て、縞紋枯病の影響か、早くから葉枯れと共に成長したのに対し、
葉の枯れもなく、とても元気にピーン!と伸びてきました。
ただ、強風で葉が折れたり根元がぐらついたことが度々。今朝もぐらぐらしており、念のためバケツの縁にあてがいものをして、倒れ防止したつもりです。

青く見えるのはビニール紐です。
左右に「ぶら下がり健康きと背もたれ付椅子(不用品)」を置き、それを使って網掛けしました。
でもゆるゆるで鳥避け出来ていなかった為(下の方、食われとります(>_<))、ガードとしてビニール紐を張りめぐらせたのです。それを夜な夜な、しました。でも不安です。。

実際、地植えの風下隣にあったスチ箱の2本植えは、相次いで枯れてしまい、かなりショックです。あんなに大きくなったのに‥。

どこまでも、気を抜いてはいけないですね。
(栽培記録終わり)

種蒔夫:ありがとうございます。楽しい稲作りの様子が伝わって来ます。コシヒカリ等を栽培している方はこの穂のつき方は?でしょうね。穂がたくさんついて、しかも垂れないのです。茎が太くて丈夫なんです。今年栽培できなかった人は、来年ぜひやってみてください。恵さんのように、初めての人でもこれくらいの穂はつきます。よほど条件が悪くない限りは。

素人バケツ稲即席農家のあなたをバカにしていた農家の人も、この穂を見せたら絶対興味を示し「これ、一体どういう品種?」って訊かれます。胸を張って「ハッピーヒルです」「はあ?」となります。(笑)

バケツ稲にもスズメが来るんですね。これには、稲に糸でも巻きつけておけば、用心して来なくなります。糸に絡まってスズメが捕獲できて、スズメの丸焼きが楽しめるかもしれません。かわいそうに思う人は目を見て思いを込めて「二度と来るんじゃないよ」と忠告してください。案外わかるかもしれません。近くに普通のコメを入れた皿をおけば、その方が食べるのに楽なので、それを食べる可能性もあります。

ハッピーヒルは水田でない普通の畑でも育つ品種ですが、写真でも地植えのものは悲惨ですね。僕も実験したことがありますが、陸稲(畑で育てる)は無理みたいです。(終わり)

以下は、今日恵さんから届いたメールです。

種蒔夫さま

”感謝します”は、私の方こそが申し上げたいこと・申し上げるべきことです。
種蒔夫さまが種をくださったから、今の貴重な体験の毎日があります。
わずか半年足らず。種の成長。更に私の成長は、この短期間に考えもしなかった変化です。

記録や報告、きちんとしたかったけれど、なかなか上手くも思い通りにもいかなくて。
「やった〜、1000人に一人!凄〜い。」(種蒔夫:栽培報告は1000人に一人いるか、いないかくらい)とは喜べない報告で、ほんとうに申し訳ないです。
その確率だから、たくさん紹介していただけて有難いことでは有りますが。。。
ブログ見た方が、こんなでも出来るのか?と思ってチャレンジして下されば本望です。

黄金色の実りは、ほんとうに、見ているだけで、とても幸せな気持ちでいっぱいになります。
ただただ「有難い」という気持ちで、涙がでます。
これは今迄にない感覚・経験です。
きっと誰もが動物的生物的感覚で感じることだと思うのです。

ありがとう。感謝しています。
巡り会えた幸運に。
種をいただいた幸運に。
冴えない環境で、芽を出し・大きく立派に成長してくれた種・大きくなれず消えてしまった種達に。

頑張れ私!もうあとひと踏ん張り、ここからが肝腎。最大の山場。
体調不良でへたばってる場合じゃないんだぞ。

種蒔夫さま推薦のバケツ稲育てのサイト参考にしています。(わかりやすいですよね。)
そこで、「落水7〜10日、田植えから120〜150日・稲穂だけでなく全体の8割が黄金色になった目安で稲刈り」と有ります。
植え5月14日、落水10月5日。
元々枯れがありつつ8割がた黄金色、に見えたのだけど。
よく見るとまだ8割になっていないんじゃないの?きちんとした米粒になってないのじゃない?
この先、雨が続くらしいよ、どうする?どうしたらいい?
でも”ポンコツ網かけ装置が日々変形する(;_;)”から置いておくのは凄く心配、早く刈り取ってしまいたい。スズメ?と私の争奪戦だもの。
最近鳥のさえずりかなり多く、近くに留るのは、物色しているとしか思えません。
稲クン達にしてみれば、人生全うしている途中。食される相手が違うだけかもしれない。
もしかしたら、スズメの方が必死かつ美味しく食べてるのかも知れない。
でもなにせ収量が少ない。渡したくな〜い!!。
私は今、たったの入れ物7個と地植え1カ所・苗14本(61穂)なのに、稲刈り時見極め難しくドキドキしています。
農家さん達は、いったいどれほど大変なのかと思います。
今迄、流し見ていた稲刈り風景とか、必死に”ガン見”しています。
「百の姓」凄いことです。尊敬します。



種蒔夫:ありがとうございます。僕が体験した喜びを知ってもらうことが、僕の喜びです。報告は少ないですが、数十人に一人か、百人に一人くらいは、恵さんと同じような体験をされていると思います。1万人に蒔いたら、少なくとも百人くらいの人が体験してくれたかな?育てなくても、食や農や自然のことをちょっとでも考えた人は、数百人くらいはいるでしょうかね。それでも十分です。種蒔きしなかったら、ゼロですから。

恵さん、収穫はもうやってもいいですよ。十分に実っているし、これ以上待っても日差しが弱くて、変化はないと思います。スズメに食われないうちに、今日にでも。刈り取ったら、しばらく干して(2週間くらい)ください。

種蒔夫現在地点:富山県上市。富山県の種蒔き数は連休も影響して極端に少なかったのですが、昨日ベーグルの名店「くじら堂」に協力してもらったお陰で、50人近くの人に蒔けました。全体の70%が「くじら堂」!でした。番号も8800番を超えました。ありがとうございました。開店前から客が並ぶ噂の「くじら堂」は確かにうまい!以下です。https://www.facebook.com/ベーグルのお店-くじら堂-283703888397304/

今日は一気に石川県能登半島の能登町を目指します。そこから、西側経由で福井方向に行きます。10月20日頃まで石川県なので、タネ希望の方はぜひ連絡を。daiki8822@yahoo.co.jp
admi17.gif

posted by 種まく旅人 at 08:42| Comment(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

恵さんからの栽培報告

ハッピーヒルネーム「恵」(前橋アースデーで手渡し)さんから栽培報告が来たので、今までのものもまとめて掲載します。稲が人間並みに扱われていて、読んでいて楽しいです。来年、バケツ稲栽培計画がある方は参考にしてください。
[栽培日誌] [栽培環境] [写真の記録] に分けて紹介します。

[ 栽培日誌 ]
5月2日

人生初の米づくり(話大き過ぎですね(#^.^#))。
うまく育てられますように・・・。
この種を活かせますように・・・。
わくわくどきどき、です。

5月9日

5月14日田植え?
目指してます。「土確保」がたいへんで。
水耕栽培早く脱しないとと思いつつ、ごめんね待っててと。
貴重な種・米づくり、その他諸々考えさせられて、います。

 ごめんね、待っててね。と謝りつつ、水耕栽培状態。
 も少し私が落ち着いてから、始めた方が良かったのでは?。
 すくすく育つ苗?に、焦るばかりです。
 14日に植える、しかないと決め、土確保に苦戦中です。

5月14日

友人は一言「あなた、ペンより重いもの持たないでしょ(^。^)y-~?」
 なれど、、ハッピーヒルの育ての母(?)となったからには、
しっかり、踏ん張らねば!
と気持ちを奮いたたせています。

浸水式4月30日朝
 
それから毎朝水かえ声かけて。
 
3日後の写真では「かわいい角」や、中には長いひげ有。
 
入れ物は、休日に数日外のひなたに出した以外は、
2階の部屋の中、東側窓のさんの上を定位置に。
窓ガラスは透明ではなく、直射日光という訳ではありません。
少し開けた窓(1箇所)だけの空気です。
 
夜、電気に当たらないよう黒い被せものをしたら、
朝日とともに目覚めさせる事が出来なかった為、
 
雨戸と夜間の電気、出番がほぼなくなりました。せめて夜はゆっくり休んで育って欲しくて、。
 
完全に、擬人化?。
 
そして、
苦戦は、土だけではなかった。。。

6月16日

センスも時間も気持ちにゆとりも無い・育てられない私、のところへ来てくれた、ハッピーヒル。
元気に芽を出し根を張る稲を、気持ち的には大切に育てました。
(友人には、「室内でしかも過保護では?外でちゃんと育つの?」と笑われました。)

土確保以上に、置き場所には本当に困りました。
「陽当たりがよく、夜はきちんと暗い。」そんな場所が無かったのです。
夜、明る過ぎることに驚いてしまいました(自宅のセンサーライト・近隣の防犯灯等、)。
そのうえ、家人の理解もあまり得られず。。。
「置かれた場所で咲きなさい」とはいえ、”育て親”が違えば、
もっと快適な環境でのびのび育ったかと思うと、
苗達に申し訳ない気持ちがあります。

発芽率は100パーセントでした。
10日以上掛かって芽を出してくれた種が2粒もあり、粘り強さに驚嘆しました。
それら全て育てたかったのですが、場所探しに時間が掛かるうちに、
水耕栽培のまま枯れてしまったもの、土に植えるのが遅すぎて?枯れてしまったもの等々あり、
悔やまれます。もっと、時間も気持ちも充分掛けられる状態で始めた方が良かったかも。
できちゃった婚ならぬ、芽が出ちゃったから!と慌ててしまったという感じです。

毎朝、毎晩、苗を撫でながら・水をあげながら元気に育ってねと祈る、
それ以外にも出来ることは有るはず。
自分が飲み食いする前に、時間が無い・疲れているとか思わず、何かしなければ。

”バケツ苗の育て方本”を貸してくださった方がいて、今見ています。
表紙には1粒で1万粒、と書かれています。
量はともかく、この苗達に健やかに育って欲しいので、
当初の予定(何もしないで、自分の家の土だけで育ててみる。)を変更して、
液肥与えるとか、土をもっと心地良くなる様に、根周り以外に足すとか、
するつもりです。

8月4日

種達を活かせるか・生涯を全うしてもらえるか、
自信はないけれど大切に気持ちを込めて、という想いだけあります。

気持ちや時間や手数をかけたからといって、
必ずしも良い・望む結果にはならない現実には、
勉強しかありませんね。

動きもせず声も聞こえないけれど、
生きている仲間ですから、心して、と思っています。。

9月7日

私のバケツ稲クン達に、「穂」が!
 
 (ノ_・。) 
 
DVC00128.jpg

 ありがとう。私のところへ、よくぞ、きてくれました。
 
 (⌒‐⌒)イイコ〜
 
縞紋枯病?で枯れ・分けつ少な目、最高が13本13穂。
 しかもそれが、唯一の、我が家の庭土バケツ(・o・)
 
 ハッピーヒルは、豊かではない土に、より多く実りをもたらしてくれるものなのでしょうか?
 
 穂が外に出てこようとする様は、まさに生き物。
 小さいながら、強い生命力を感じます。
 サナギから蝶が出できた場面・時間と、重なって見えてしまいます。
 
 少しずつであろうその流れ、頑張り?を見ていると、
 胸にこみあげてくるものがあり思わず涙がでてしまう。
 そして私も頑張らねばと力がでます。
 
 「置かれた場所」で頑張って今日まできた彼ら。
 私の未熟なお手伝いの為、
 枯れ枯れの満身創痍のような状態で、つけてくれた穂です。感激感謝・涙しかありません。
 (>_<。)
 
 初めから、失敗と難続きでした。
 種蒔夫さんに教えていただいた通り、触って声かけて‥でも、肝心な時に行き届かずで、病気に・生育不良に、させた。枯らした。申し訳なく恥ずかしく。
 
 せめてこれから残り、出来る限りのことをして、この穂たちの一生を全うさせたい。
 
 朝から、雨や曇りの空模様の中。
 覗いてみたら(9月6日14時30分頃)
 
 (・・?  花ですか?
 
 揃ってではなく、
 それぞれてんでに咲いていくのですか?
 そうならば、花を見るチャンスが、増えますね。
 
 前後してしまいますが、
 これから送信する途中経過も、見てやってくださいね。お願いします。。

[ 栽培の実際 ]

用意して、稲現存しているのは、
・バケツ5個。
・発砲ポリスチレン箱(20.7L、200ミリ×213ミリ×283ミリ)2箱×苗2本植え。
・直植え3苗(日当たり不良地、
 
 ・うちの庭土(固すきて、掘り起こしきれず、ギブアップの為)×バケツ1個1苗。これが、今現在最高の出来13本・穂。
 
 ・いただいた農薬無使用の良い田土×バケツ1個1苗。さぞやと期待し、気合いの20Lも、なぜか初めから元気がなく寂しい状態
 
他は、購入した黒土と鹿沼土を混ぜ。肥料と言えるのは、HB101です。
 
水は、ただの水道水ではなく、マシンを通して軟水化?したものをあげてきました。

[ 写真の記録 ]

1ー皆元気に育ってくれた
1.jpeg

2ー植前の記念撮影:躍動感あふれる苗に感動。H29年5月14日
2.jpeg

3ー初めは、皆同じような外観の育ち方でした。
3.jpeg

4ー勢揃い、南塀側:H29年5月31日
植木屋さんが植木の消毒に来る、と聞き、
大急ぎでバケツ移動しビニールをかぶせ、消毒剤を避けたのでした。
真ん中のスチ箱に白く見えるのは、苗が不安定で倒れそうな為、
支えに置いたものです。
4.jpeg

5ー(右)一番葉の育ちの元気な苗:(南塀側):H29年6月11日
始めから、発砲スチロール箱の苗の方がバケツ苗より、葉の育ちが良かったのは、
気温の変化(低温時)に強かったのでしょうか。
5.jpeg

6ー田土1本植(南塀側):H29年6月11日
人を介して、田んぼの土をいただけました。これだけが、20Lバケツです。
一番育ちが良くなると思っていたのですが、静かな育ち方です。
6.jpeg

(東塀):H29年6月11日
この場所は、昼にかけて位の、僅かな時間しか陽があたらない。
ですが他に場所が無くて、やむなく植えたり置いたりしました。
やはり陽当たりの良い場所とは、育ちに大きな差があります。
お米は特に陽当たりが重要、とも聞きました。何か出来ることはないのか。
毎朝水をあげながら、苗を撫でながら、唸ってしまいます。

7ー地植(東塀):H29年6月11日
植場所が無くて、3本を地植えに。茶色は、コーヒーかすです。
「猫除け・ナメクジ除け、肥料にもなる。」と聞き、まいています。
今更ですが、土がとても固い状態なので、何か混ぜたりして改良しようと思います。
7.jpeg

8ー
8.jpeg

9ー地植(東塀):H29年6月11日
地植えの苗だけでは、淋しそうなのでバケツ1つ・発砲スチ箱1つも置きました。
バケツは、始めの頃、もう少し陽当たりの良いところに置けていたので、少し苗が大きいのだと思います。
9.jpeg


種蒔夫:報告ありがとうございました。とても大事に育てている様子がわかって、嬉しいです。それにしても、自分の家の土が一番良かったなんて、どういう土かわかりませんが、意外ですね。もらってきた田んぼの土が一番良さそうなものです。しかし、農家の人も毎年色々な疑問を感じつつして栽培しておられますから、何とも稲作りは奥が深いのです。他の皆さんもぜひ、稲作りの体験をして欲しいと思います。子供ばかりでなく、誰が体験してもワクワクして楽しいものです。




posted by 種まく旅人 at 10:39| Comment(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

松平さんより栽培報告 2

松平さんより、栽培報告が来ました。以下です。

種 蒔夫様

おはようございます。
バケツ稲は、順調にスクスク育っています。

真ん中のバケツで育っているのが、ハッピーヒルです。
向かって右が、JAからもらった籾から育ったコシヒカリ。
向かって左が、うちで3代目になるつや姫。
IMG_1338.JPG

ペットボトルに植わっているハンデがあるとは思いますが、比べてみるとハッピーヒルの穂(葉っぱ?)が大きいのと深緑色の濃さに気づきます。

まだまだ花が咲くのも先の話ですが今後の成長が楽しみです。

またご報告いたします。

松平

種蒔夫:ありがとうございました。確かに容器の大きさの違いがありますが、これから先、左右の「コシヒカリ」と「つや姫」が成長したとしても、ハッピーヒルの成長にはかなわないでしょう。私が最初に栽培したときにも、馬鹿にして見ていた周囲の農家の人が「これ、何?」って訊いて来ました。慣行農法をしている人には見たこともない異様な稲(茎が大きくて丈夫な上に、穂が垂れず、穂がたくさん!)だったのです。しかも玄米にして食べれば、他のコメより美味しいとコンクールで証明されました。自信持って、育ててください。他のみなさんもこんな感じで育てますので、参考にしてください。

玄米による味比べに関する記事は以下
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/430161128.html


posted by 種まく旅人 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

恵さんからの報告

4月23日の「アースデイ群馬inまえばし」で種をお渡しした恵さんから栽培報告です。以下、転載します。

かつて福岡正信さんとその活動をTV番組で知り、感激と衝撃を受けました。
まさか、自分の手元にご縁のある種が届くとは。。。!!

4月30日、種蒔きならぬ浸水式決行。
その「記念入金」行って来ました。(5月1日付)
わずかですが、旅のお役にたちますように。。
DVC00090.jpg

 人生初の米づくり(話大き過ぎですね(#^.^#))。
うまく育てられますように・・・。
この種を活かせますように・・・。
わくわくどきどき、です。

5月14日田植え?
目指してます。「土確保」がたいへんで。
水耕栽培早く脱しないとと思いつつ、ごめんね待っててと。

貴重な種・米づくり、その他諸々考えさせられて、います。

 ごめんね、待っててね。と謝りつつ、水耕栽培状態。
も少し私が落ち着いてから、始めた方が良かったのでは?。
すくすく育つ苗?に、焦るばかりです。
14日に植える、しかないと決め、土確保に苦戦中です。

苗はどんどん大きくなり、現在5センチ位。
それ以上に、根の育ちに驚く。
添付写真は、一番根張りの旺盛な苗。
種が2つくっついて育っていたので、そのまま見守った、双子?。
根が10センチ弱では?
苗はもちろんですが、根の育ちの凄さを見ると、畏敬の念とか畏怖とかの言葉が浮かびます。 恵
DVC00101.jpg

(転載終わり)

種蒔夫:小さい世界のことなのに、初めての稲の発芽は緊張しますよね。私も初めての米つくりは緊張しつつ、その変化に歓喜してました。これからさらにどんどん成長します。あんなに小さなタネだったのが信じられないほどに。まあ、どんな生物も同じでしょうけど、成長とは神秘的で驚異的です。
記念入金ありがとうございました。



posted by 種まく旅人 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

松平さんからの報告

松平さんから栽培報告がありました。以下

種 蒔夫  様

おはようございます。

突然のメールで失礼します。

種子法廃止に反対する院内集会で、

ハッピーヒルの種もみをいただいた

5,652人目の松平と申します。

今朝、バケツへの田植えが終わりましたので

ご報告させていただきます。

朝日が眩しい為、硬い表情で写っていますが

内心はウキウキです(笑)


今後も、成長の様子を報告できるように

見守っていきます。

種蒔夫さんには、健康に留意されて

種を蒔く旅を続けてください。

今日もいい出会いがありますように。

松平信治

写真1.jpg

種蒔夫:報告ありがとうございます。順調な成長ですね。これからも成長記録をお願います。

衆議院会館での種蒔き記録は以下
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/448603461.html

posted by 種まく旅人 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

うれしいニュース

昨日、種蒔夫としては嬉しいニュースがありました。

昨年10月7日に島根県江津市にある愛真高校の教頭先生に種を渡しました。2861番〜2925番の65人分。当日の様子は以下のページへ。
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/428860792.html

どうなったのか、その様子を見に行きました。65人分はすべて生徒さんや先生達に手渡ったと聞き、ほっとしました。外に農業の実習中の生徒さん達がいたので、自己紹介して写真を撮らせて頂きました。
3.JPG

一人の女生徒が近づいて来て「みんなが貰った小麦の種を集めて、畑に撒きました」というので、早速見に行きました。風に押され気味の麦もありましたが、順調に育っていました。6月の収穫が楽しみです。さらに増やして、パンなり、うどんなりを食べる日が来ることを祈っています。
2.JPG

旅の途中で頂いた数種類の種を、学校を代表してこの生徒さんに送ります。興味があれば育ててみてください。

普通高校なのに、こうして自然に親しむ時間を持っている愛真高校は本当に素晴らしい学校だと思います。農業や栽培、あるいは自然そのものは、これからさらに見直される大事なことになると思います。学生時代にこういう経験をしたことは何らかの形で必ず生きてくるでしょう。この貴重な体験を十分堪能してください。旅の中で、愛真高校の卒業生や姉妹校である三重県の愛農学園の卒業生と出会うことがありますが、みなさん素晴らしい人ばかりです。みなさんの卒業後も楽しみにしています。


posted by 種まく旅人 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

2391番の方よりの報告

8月19日に御岳山でお渡しした方からメールが来ました。短い文章ですが、こういう方がおられるので、種を蒔いていくことの大切さを改めて感じています。2391番さん、ありがとうございました。以下、転載します。

私は、2015年8月に長野県木曽町で2391番目にこの袋を頂いた者です。この袋を頂いて、お米などを大切に思うようになりました。本当にありがとうございます。
2391.jpg


その日の様子は以下です。
http://happyhillcontest.seesaa.net/article/424649375.html

いつも思うことは、種を蒔かれたそれぞれの方がその種をどうしたのか、どう感じたのか、考えたのかということです。それが捨てられたとしても、大事に育てられたとしても、それぞれの捉え方があり、それがそれぞれその生き様を反映しているのであり、それが一つ一つのドラマを生んでおり、それを想像する日々です。



posted by 種まく旅人 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

竹内多美子さんからの報告・12月21日

竹内多美子1221.jpg

先日収穫出来た少しのハッピーヒルをお粥にしていただきました。

大さじ1杯分でした。

折角なので、いつも食べている新潟コシヒカリの古米もお粥にして味比べしました。

ハッピーヒルは玄米ですが、コシヒカリの方は3分突きです。
色の濃いのがハッピーヒルです。

味の違いはそうありませんでした。

コシヒカリの方が粘り気がありました。

今回は味よりも、こうして食べることが出来たことに感動でした。

ありがとうございます。

竹内多美子

種蒔く旅人:毎回報告ありがとうございます。左がハッピーヒルですね。玄米なので、色も濃いし、美味しそうに見えませんが、白米にしたら違うと思います。たくさん収穫できないので、精米別の味比べができないのが残念ですね。来年はバケツを増やして、たくさん作られたらいかがでしょうか。種蒔きから、栽培、収穫、脱穀、精米、そして食にまで、すべて経験されたこと自体が他のことでは味わえない貴重なことだったと思います。私がこういう活動をしているのも、そういう経験が場合によっては人生観を変えるほど、少なくとも食に対する姿勢や自然に対する見方を変える最も有効な方法だと思ったからです。それが少しでも理解して頂ければ、本望です。ありがとうございました。



posted by 種まく旅人 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

竹内多美子さんからの報告

竹内さんから、脱穀の報告が来ました。

今朝、脱穀しました。来年の種まき用を少し残してもみわけしたら、青いお米がかなりありました。成長不良ですかね?種まき用を残そうと思ったのに忘れていて、籾分けを始めてから気づいて、慌てて拾いました。芽が出ると良いのですが・・・
1.jpg

2.jpg

茶碗を使って脱穀し、
3.jpg

軟式ボールとザルで籾分けしました。
4.jpg

実の付いていない穂が多かったです。穂は全部で12本でした。
5.jpg

貴重な機会を頂き本当にありがとうございます。
来年4月に蒔こうと思いますが、頂いた種を従姉妹や友達にあげようと思っています。

竹内多美子

種蒔く旅人:いろいろ工夫されましたね。今年の島根の米を旅先に送ってもらいましたが、青い穂が多くて、芽出し実験をしましたが、なかなか出ません。同じ日に水に入れた去年の種籾の方が先に芽が出ています。青い種籾は期待薄です。再度育てるならば、できるだけ穂が黄色くなったものを選んでください。しかし、玄米にしたものはきれいなお米だと思います。これだけできれば、大きな田んぼは無理かもしれませんが、小さな田んぼならばできるかもしれませんね。

posted by 種まく旅人 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

大尾さん(1281番)より、収穫報告

ご無沙汰しています。
お元気ですか。
熊野でお米をいただいて、半年ほど経ちましたが、初めてベランダでバケツ栽培しました。
最初、稲の栽培は簡単なものだと思っていましたが、意外と手間がかかることが分かりました。
水の加減、苗の植え替え、日当たりなど結構気を使いました。
結果は惨憺たるもので、しっかり穂をつけたのは10本ほど。
先日は新嘗祭でしたが、ひとりで稲刈りの儀式を行いました。
今回収穫した米は来年また田植えしたいと考えています。
この貴重な体験の機会を与えていただいたことに感謝しています。
ありがとうございました。大尾
IMG_20151125_143854 のコピー.jpg

種蒔く旅人:報告ありがとうございました。2013年にバケツ稲栽培コンクールをした際に、稲の葉は異常に繁茂してさぞかし大収穫かと思ったら、種が一粒も実らなかった例がありました。それに比べれば収穫は多くはなくても、粒は一粒ずつ結構しっかりとしてますし、来年につながるのが何よりです。次回は近くの水田(できれば無農薬の)の土を貰えばどうでしょうか。農家のように毎年使えるんじゃないかと思います。

現在、3659人に配りましたが、他のみなさんの種がどうなっているか、気になります。手にした人の自由で育てる義務はありませんが、例えば冷蔵庫の野菜室にあるのか、捨てられたのか、他の人に渡ったのか、実際に育てられて収穫されたのか、神棚にあるのか、盗まれたとか(まさか!)、ご飯といっしょに食べられたとか、捨てた場所から芽が出たとか、忘れられてずっとポケットの中にあるとか、、、それぞれの種の人生(種生)を生きているんでしょう。1万枚までにさらに2年はかかりそうなので、渡した人を再び訪ねることもあるでしょうから、その後種がどうなったのかを報告しようと思います。といっても、あわてて蒔かなくてもいいです。逆の立場で私が種を渡されたとしても、10年前なら、「へえー、そんな人がいるんだ!」とちょっとびっくりして、一応手紙を読んで、面倒だから土にそのまま蒔くくらいかなと思います。あるいは、数日で忘れ去るか。5年前なら、ちょうどトマト等を育て始めていたので、試しにバケツ栽培した可能性があります。それぞれの立場でそれぞれの反応があるのだと思います。

私が手にしたハッピーヒルはどういう経緯で、福岡正信さんのところから私のところに来たのかがほぼわかりました。福岡さんから私の間には三人の人が関わり、福岡さん(愛媛)→米澤さん(大分)→村本さん(舞鶴)→佐々木さん(岡山)→石田(島根)という経緯でした。佐々木さんを訪ね、そこから村本さんがわかり訪ね、そこから米澤さんがわかりました。熊本でそのことを話した方(澤田さん)が、「もしかして知人の米澤さんかもしれない」ということで、連絡をとってもらったら、果たして当人(お亡くなりになっていて、その奥さん)だったのです。住所も電話番号もわからない人だったので、意外に早く判明してびっくりしました。福岡さんから私のところに来るまでに30年くらい掛かっています。つまり30回くらいは栽培されたということです。再度、大分に行った際にはぜひ訪ね、報告したいと思います。

佐々木さんを訪ねた日はhttp://happyhillcontest.seesaa.net/article/422666895.html
村本さんを訪ねた日はhttp://happyhillcontest.seesaa.net/article/423857920.html
posted by 種まく旅人 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | みなさんからの栽培報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする